" />

2013年10月イギリス旅行記

アーセナルFCのスタジアム見学ツアー @ エミレーツ・スタジアム

DSC02081

チェルシー・ビレッジ内のホテルをチェックイン後、エミレーツ・スタジアム見学ツアーに参加するため、急いで北ロンドンのアーセナルのスタジアムへ行きました。

この記事では、アーセナルのエミレーツ・スタジアム見学ツアーを写真満載でレビューします。

スタジアム見学ツアーはオーディオ・ビジュアル・ハンドセットと共に各自で進む

ツアーの受付はメガストアの横になるので、アーセナルの駅からちょっと歩きます。

ツアー(£18)は事前に公式HPから申し込み、メールで来たツアー受付メールを印刷したものを受付に出し、首からかける入館証とハンドセットを受け取り、各自マイペースに進んで行きます。

DSC02083

日本語のオーディオ・ビジュアル・ハンドセットもあるのは、さすがビッグクラブ。

オーディオ・ビジュアル・ハンドセットは繰り返し何度も聞けるし、時間が無い場合や、知っている個所は先に進めたり、自分のペースで回れるのが最大のポイントだと思います。

VIPクラブラウンジ

DSC02088

で、いきなりボス、アーセン・ヴェンゲル監督の像がある、ディレクターズ・エントランスからスタートします。

DSC02113

DSC02090

左奥のドアからVIPクラブラウンジ、ダイヤモンド・クラブに入って行きます。

VIPクラブラウンジからスタジアムを望む

DSC02092

近すぎず、遠すぎず、選手の判別できる位の距離で、試合の流れもしっかりフォロー出来る、ある意味、絶好な観戦エリアでもあります。

DSC02093

エミレーツ・スタジアムの収容人数は60,355人。

DSC02094

DSC02095

スタジアムのデザインは、ヤンキース・スタジアム、ウェンブリー・スタジアム、ロンドンO2アリーナと同じアメリカの設計事務所のデザインです。

DSC02098

VIPシートはフカフカ。

DSC02107

またラウンジに戻り、ウロウロ。

DSC02108

ここのメニューは頻繁に変わり、寿司とかアフタヌーンティーのメニュー等もあるそうです。

なかなか美味しいという評判なので、今度はVIPシートでゆったりと観戦するのもいいかなと思いました。

DSC02109

ピッチ全体が良く見渡せるけど、選手の顔もちゃんとわかるります。

DSC02110

こんなところで優雅に試合観戦しながら食事したり、お酒飲めるんだったら、お高いチケット代も納得。

DSC02112

ビジネスの接待にもよく使われているそうです。

DSC02114

本当に広くて、豪華です。

選手入口

DSC02117

選手はここから入りますよね。

DSC02116

DSC02118

DSC02123

また下に戻り、選手入口付近の展示物なんか見ながら左奥に進みます。

プレイヤーズ・トンネル

DSC02127

DSC02132

プレイヤーズ・トンネルを通り過ぎて、ロッカールームへ進みます。

アウェイ・チームの控室

DSC02134

VIPルーム、VIPシート、選手入口を見学した後、選手控室に移ります。

まず、アウェイ・チームの控室のシャワールームからスタート。

ミーハーOL的スタジアムツアーのメインポイントは、やっぱりシャワールームです~♪

DSC02135

アウェイ・チーム用とはいえ、シャワールームも広々して、スッキリして、数も十分で、なかなか立派です。

DSC02136

仕様アメニティは詰め替え用みたいでどこのだかは不明。

DSC02138

シンプルで機能的。

あのユナイテッドの名将ファーガソン元監督も「とても使いやすく、良く設計された選手控室だ」と気に入っていたんだそうです。

DSC02144

そして、ホーム側の選手控室へ進みます。

こちらも結構広々していて、控室に辿り着くまでにもう少し歩きます。

ホーム・チーム控室

DSC02145

ホーム側の方が豪華っていうこともなく、意外と違いが無い感じがさすがアーセナル。

DSC02146

DSC02150

でも、お風呂やマッサージ室等、ホーム側ならではの施設もいくつか見せてもらえます。

DSC02151

ホーム側の控室の方が広く、クッションが置いてありますw

ホーム側なのにアウェイ側とほとんど変わらないくらいシンプル。 でも、広々としていてとても使いやすい。

DSC02163

エジルやラムジーだけじゃなくって、セオ、ジャック、ジルー、ロシさん、テタさんもみ~んな応援してま~す!

DSC02170

ヴェンゲル監督が「サッカーだけのことを考えたスタジアム」というのが良くわかる場所だと思います。

ピッチ

DSC02172

DSC02173

で、次に、プレイヤーズ・トンネル(選手入場口)を通り、ピッチに出ます。

DSC02175

スタンドとピッチの距離もなかなか近いです。

DSC02176

スタンドの席も場所によって微妙に違う適度な傾斜がついていて、とても見やすい設計になってます。

DSC02177

DSC02181

DSC02182

オーディオ・ビジュアル・ハンドセットを持っての個人ツアーで、時間制限はないので、監督席に座りながらゆっくり説明を聞いてきました。

インタビュールーム

DSC02193

次に、試合後に監督や選手が使うインタビュールームに移ります。

試合直後にインタビューが行われるブースですね。椅子が置いてあるんですね。

このような小さ目なブースがいくつか並んでいます。

カンフェレンス・ルーム

DSC02195

で、最後にカンフェレンス・ルーム。

DSC02198

DSC02197

試合後に監督が記者会見するとこですね。

ここでも時間制限なしなんで、レプリカTシャツもって入団会見ごっことかwww、仲間同士でちょっと面白い写真とかも取れます。

結構、奥行きがある広い部屋です。

記者控室

DSC02200

結構なスペースと施設な記者控室。

試合後、ここで記者は記事を書き上げて、校閲等に送ってしまうんでしょうね。

駐車場

DSC02207

解散はこの地下駐車場。

試合日には選手の車もここに停まってまして~、

終点はメガストア

DSC02210

上に上がったところがメガストアのアーモリーなんですが、車で出た選手の出待ちエリアとなっているのが、この左の先のトンネルの先辺りになってたりします。

観戦チケット

【個人手配】海外観戦・鑑賞・公演チケット購入と受取り方法

2019/12/14  

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合 ...

航空券・ホテル

【海外遠征の個人手配ガイド】ホテルの予約→観戦チケットの購入→航空券の予約

2019/12/14  

観戦・遠征旅の準備は、普通の観光旅行などとはちょっと違い、お目当ての試合や公演の日程を中心に全体の旅程を組みます。 そし ...

Pick Up

1

推しを観に、応援しに国内・海外遠征旅を何度もする遠征オタ旅。 現地の美味しいものや街歩きを楽しみながら、現地の老舗ホテル ...

2

海外旅行に行く際、万が一のために、海外のバカ高い医療費などの補償をカバーするために必ず入っておくのが海外旅行保険です。 ...

3

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

-2013年10月イギリス旅行記
-, , , ,