" />

2018年平昌オリンピック旅行記

江陵オリンピックパーク内の様子

江陵オリンピックパークは、江陵アイスアリーナ、江陵ホッケーセンター、江陵スピードスケート競技場、江陵カーリングセンターの4つの会場がありました。

フィギュアスケート以外の試合だったら、当日の午前中までにチケット売り場へ行けばチケットが買えたようです。

江陵オリンピックパーク内

入場ゲートから各競技場へははなかなか遠く、軽く15分位は歩きました。

江陵は平昌とは違って、割りと温かく、東京と同じような服装で何不自由はありませんでした。

スケート靴のオブジェ

朝8:00頃だったせいか、オリンピックパーク内はまだ閑散とした雰囲気で少し寂しい感じでした。

この会場でのメインのオブジェ的だったスケート靴のオブジェ。

企業ハウス

会場には各国の公開・非公開ハウスの他、コカ・コーラ、オメガ、サムソン、VISAなどのスポンサー企業のPRハウスやグッズ売り場などもいくつかありました。

レストランなども数か所ありましたが、試合後はどこもごった返しだったので、時間に追われていた私は利用しませんでした。今考えれば、ブログネタ的にも少しでも何か食べていれば面白かったのにと思いますが、結構、一杯一杯だったんですね…。

江陵アイスアリーナ

パーク内の一番奥にあって結構不便だったフィギュアスケートの会場でもある江陵アイスアリーナ。

会場の前に小さなグッズ売り場があったり、横には温かい食べ物を売るテナントが数件並んでいました。

スーパーストア

パーク内で一番大きかった大会のオフィシャルグッズが売っていたスーパーストア。

このスーパーストアに入るまで30分位待ちましたが、早朝から列ができていて、最大3時間ぐらい並んでいたようです。

この写真ではそうでもないんですが、ストアの中は芋洗い状態で、グッズを一通り観て回り、何を買うか悩み、グッズを選んで、会計の列に並んで、外に出るまでかなり時間がかかってしまいました。

私は試合後にこちらで買い物をしたせいもあって、すっかり疲れ切ってしまい、大したものを買わずに出てきてしまい、後から可愛いスホランとバンダビのグッズが沢山あったことがわかり、帰国してから相当後悔しました。

で、かろうじて買えたグッズはノート各種とホッカイロ。

どれも可愛いー(^^♪

韓国伝統文化紹介イベント

あちこちでこんな韓国文化紹介イベントもありました。

やはり、江陵付近に泊まりで観戦に来ていなかったせいか、落ち着いてパーク内を見て回る余裕がなかったのが、なんとも残念だったところだったので、次回の要改善点にしようと思いました。

会場内のカード決済はVISAのみ

オリンピックの公式スポンサーでもあるVISAカードは、平昌オリンピックの各会場でのグッズ売り場やレストランなどの決済時に利用できる唯一のクレジットカードでした。

私がお勧めするVISAカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになる楽天プレミアムカードです。

クレジットカード

【楽天プレミアムカード】海外空港ラウンジが使えて、国内・海外旅行保険が自動で付く便利なカード

2019/3/15  

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

-2018年平昌オリンピック旅行記
-