アーセナルFCのスタジアム見学ツアー#1 @ エミレーツ・スタジアム



DSC02081

チェルシー・ビレッジ内のホテルをチェックイン後、エミレーツ・スタジアム見学ツアーに参加するため、急いで北ロンドンのアーセナルのスタジアムへ。

ツアーの受付はメガストアの横になるので、アーセナルの駅からちょっと歩きます。
ツアー(£18)は事前に公式HPから申し込み、メールで来たツアー受付メールを印刷したものを受付に出し、首からかける入館証とハンドセットを受け取り、各自マイペースに進んで行きます。

DSC02083

日本語のオーディオ・ビジュアル・ハンドセットもあるのは、さすがビッグクラブ。

オーディオ・ビジュアル・ハンドセットは繰り返し何度も聞けるし、時間が無い場合や、知っている個所は先に進めたり、自分のペースで回れるのが最大のポイントだと思います。

DSC02088

で、いきなりボス、アーセン・ヴェンゲル監督の像がある、ディレクターズ・エントランスからスタートしますw

左奥のドアからVIPクラブラウンジ、

DSC02113

ダイヤモンド・クラブに入って行きます。

DSC02090DSC02092

近すぎず、遠すぎず、選手の判別できる位の距離で、試合の流れもしっかりフォロー出来る、ある意味、絶好な観戦エリアでもあります。

DSC02093

エミレーツ・スタジアムの収容人数は60,355人。

DSC02094DSC02095

デザインはヤンキース・スタジアム、ウェンブリー・スタジアム。
ロンドンO2アリーナと同じアメリカの設計事務所のデザインです。

DSC02098

VIPシートはフカフカ。

DSC02107

またラウンジに戻り、ウロウロ。

DSC02108

ここのメニューは頻繁に変わるらしいのですが、寿司とかアフタヌーンティーのメニュー等もあるそうで、それがなかなか美味しいらしいのです。

DSC02109

ピッチ全体が良く見渡せるけど、選手の顔もちゃんとわかる。
やはりVIPの特等席は違いますな。

DSC02110

こんなところで優雅に試合観戦しながら食事したり、お酒飲めるんだったら、お高いチケット代も納得。

DSC02112

ビジネスの接待にもよく使われているそうです。

DSC02114

本当に広くて、豪華です。

DSC02117

選手はここから入りますよね。

DSC02116

また下に戻り、選手入口付近の展示物なんか見ながら、左奥に進み、

DSC02118DSC02123DSC02127 DSC02132

プレイヤーズ・トンネルを通り過ぎて、ロッカールームへ進みます。

 

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 293 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA