旅行記 2018ロシアW杯旅行記

第二次大戦の戦場になった街ボルゴグラード

2020年1月6日

モスクワから飛行機で約2時間の距離にあるロシア西南部のボルゴグラードへ、

FIFAの無料列車に約24時間揺られて、40度を超える猛暑の中、

ロシアW杯グループHの第3戦の日本代表とポーランド代表の試合を観てきました。

行く前は大量の蚊と狂暴な野犬に注意ということで一番心配していましたが、

それらに悩まされることは一切なく、猛暑でなかったら、意外と一番ゆったり楽しめたかもしれないと思った街でした。

廃れた寂しい雰囲気の市内中心部

ボルゴグラードの何もない中心部。

地元の人に「City Centerはどこ?」と聞いたら、「ここ」と言われました。

また、その方に「日本から来たんだったら、是非、戦争博物館へ行って。この街のことがわかるから」と言われました。

ここボルゴグラードでも宿の数が足りず、苦肉の策で無料寝台列車を利用して、宿には泊まらないという策にしました。

駅前にいくつか大きなホテルがあるのですが、やはりここでもFIFAブロックがかかっていたので、一般のツアー客や個人客は少し離れた一般宅のエアビーや、近隣の街で宿を取り、バスでこの地へ入るという形にしていたケースが多かったようです。

また、モスクワからボルゴグラードへのLCCが1便、突然、欠航になってしまって、結局、ポーランド戦を観戦予定だった日本人サポ達がモスクワに足止めされて、試合を観れなかったということもありました。

FIFAのFAN FEST会場前。

早朝だったので、まだ開場前でした。

もう少し、お店があるらしい方向へ歩くことにしました。

大型スーパーのブリュヌイ店

もう少し歩いたところで、大型スーパーがあったので、中でウロウロしながら少し涼むことにしました。

「武士道」というインスタントコーヒーをお土産に買おうかと思いましたが、荷物になるので止めときました。

ここでも美味しそうなお惣菜が沢山並んでます。

ロシアのケーキもめちゃ美味しんですよ!ここでは買わなかったけど。

とりあえず、スーパーの中に入っているブリュヌイのお店で朝食を食べることに。

何の具にするか迷ったので、オーソドックスで失敗の無さそうなハム&チーズにしましたが、ちょっと今回のはしょっぱかったです。

スターリングラード攻防戦パノラマ博物館

ボルゴグラードは、ロシア西南部ボルガ川西岸に広がる101万人都市で、1961年までスターリングラードと言われていました。

ロシア革命後の内戦で戦場になった後、重工業都市として栄えましたが、

第二次大戦にドイツ軍の攻撃に遭い、戦地となりました(スターリングラードの攻防戦)。

当時の数多くの戦車などが並んでいます。

ボルガ川沿いにあるスターリングラード攻防戦で破壊された旧製粉所。

当時の建物で残っている唯一の建物だそうです。

破壊された当時の様子がわかるように残されています。

旧製粉所の隣にあるのがスターリングラード攻防戦パノラマ博物館。

兵器、兵服、関連文書、犠牲者の写真などの資料などが所狭しと展示されています。

こんなところに日本とのつながりが。

ちなみに、ボルゴグラードは広島市と姉妹都市提携しています。

360度見渡せるジオラマも圧巻。

ロシアの内戦や第二次大戦で戦地になっただけでなく、

2004年には民間機の自爆テロ、2013年には鉄道駅の自爆テロ、トローリーバスの自爆テロの犠牲になった悲しい街でもあります。

40度以上の猛暑でしたが、この施設も空調はなく、興味深い見学タイムも早々に切り上げ、ロビーでアイスタイム。

ママエフの丘

スターリングラード攻防戦で勇敢に戦った女性像である「母なる祖国像」が建つママエフの丘。

こちらにも登る予定だったのですが、猛暑の中、最寄り駅から1㎞歩くと聞いて、残念でしたが、スタジアムからの撮影のみで諦めました。

可愛いカフェもあった

試合会場に行く前に、汗を落ち着かせ、紫外線クリームを塗り直すため、適当に目についたカフェに避難しました。

2T (two tea)というカフェに入りました。

店内はポップなアジアンテイストで、意外と可愛い感じでした。

頼んだレモネードもめちゃ美味しくて、お代わりしてしましました。

プルシェンコの出身地

全然似ていないけど、真司くんの絵も描かれていましたw

そうそう、ここボルゴグラードはプロフィギュアスケーターのエフゲニー・プルシェンコの出身地なんですよね!

試合後、現地のボランティアの女の子に「プルシェンコ知ってる?日本でも大人気のスケーターよ」と言ってみたら、

「えー、もちろん知ってますよー♪」と喜んでました。

Pick Up

1

推しを観に、応援しに国内・海外遠征旅を何度もする遠征オタ旅。 現地の美味しいものや街歩きを楽しみながら、現地の老舗ホテル ...

2

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

3

海外旅行に行く際、万が一のために、海外のバカ高い医療費などの補償をカバーするために必ず入っておくのが海外旅行保険です。 ...

-旅行記, 2018ロシアW杯旅行記
-