ロシアW杯観戦旅行のチケット、ホテル、航空券等の個人手配、ほぼ完了!



1. 早々と9/14~10/17の第1次販売でチケットがゲット出来てしまった!

2018年の今年は、サッカー観戦の最大級のであるワールドカップがロシアで開催され、日本代表も出場するわけですが、私も行きたいなーと、何となくチケットの1次販売の抽選に応募しまっていたら、なーんと思いがけなく早々と当選してしまっていたんです。

正直、凄く嬉しかったんですけど、当選したチケットの支払いが10月のフィギュアスケートの試合を観に行ったモスクワ旅行の支払いと一緒になってしまってたんで困ったという感じで、私的には通常の観戦旅行よりだいぶ早々としょうがなくという感じで2018年ロシアW杯観戦旅行の手配を開始しました。

 

2. 組み合わせ抽選会前にホテルを予約

2-1. 出遅れたホテル事前予約

まだ、チケットが当選した時点でホテルの予約を始めていれば、ほとんど問題なくどの開催地の試合日のホテルも取れていたんだと思いますけど、フィギュアスケートの試合を観にモスクワで行われたロステレコム杯に行ってて忙しくしていたせいでか、

て、チケット当選から1ヵ月後位、12/1の組み合わせ抽選会の3週間前位にやっと、同じロシアW杯チケット第1フェーズ販売で当選した人が何人も早々とホテル予約完了したと聞いて、慌ててホテル予約作業を、現地支払い可能でキャンセル可能のホテルを中心に開始。

2-2. 現地払いOK&キャンセル可能な事前予約以外でも便利なBooking.com

現地払いOK、キャンセル可能等の緩い条件で予約できるホテル、B&B、アパートのラインナップが多くて、選びやすくて頼もしいのがBooking.comです。

Booking.comのその他の良いところは、そのホテルの中心地からの距離、エレベーターの有無、荷物預かりサービスの有無等が一目でわかるところです。口コミをチェックするタブもわかりやすいところにあって、利用者にはとても便利なサイトだと思います。

 

3. 組み合わせ抽選会で日本戦開催地決定…

3-1. ホテルが最も少ない開催地の2か所を含むサランスク、エカテリンブルク、ヴォルゴグラートに決定

観戦予定者には対戦相手より開催地がどこになるかが一番の関心事だった12/1の組み合わせ抽選会で、日本代表のグループリーグの3戦は移動手段とホテルが圧倒的に少ないサランスク、エカテリンブルク、ヴォルゴグラードに決まってしまいました…

とりあえず、航空券がかなりかかると思い、比較的お得なアパートメントやB&Bみたいなホテルで主要な開催地の各試合日前日イン翌日アウトでなんとか予約できてたものの、サランスク、ヴォルゴグラードはすでに皆無、エカテリンブルクもどうにか駅から少し離れた場所で確保できてるけどという感じで、この時点ではもう観戦は無理かなーと絶望感しかありませんでした。

W杯みたいな大きな大会が開催される時期は、その期間の主だったホテルはFIFAブロックといって、代理店用にブロックされてしまっているそうです。その代理店も各地2泊連泊しなければいけないという縛りがあるみたいなんです。

モスクワやサンクトペテルブルク等の大都市でもW杯期間中の4~5つ星レベルのホテルに事前に予約しようとしてもまず満室で、空いていても通常より1桁多い状態。なので予約できるホテルというのが、値段不相応な3つ星以下ホテル、B&B、アパートメント、ホステル、Airbnb的な宿、ラブホテル的な宿等だけになってしまうんです。

3-2. 打開策

そんな中、ホテルが取れない開催地は、FIFAが提供する無料寝台列車を利用して当日に入り、試合後の夜に出発できることで、宿と移動手段が一緒に解決することが判明。

ただ、長距離の寝台列車での移動という未体験のゾーンに不安があったものの、ちょっと調べた限りでは座ったままの移動より、横に慣れる寝台はストレスが少なく、思ったより快適で寝れるという口コミも多かったことでかなり安心できたこともあって、せっかくの機会なので思い切ってこの無料列車を利用することにしました。

ということで、チケット当選から1ヵ月以上過ぎてやっと、試合観戦に必要なだけでなく、FIFAの無料寝台列車を予約する際にも必要なFAN IDを早速登録することにしました。

 

4. ロシアW杯の試合観戦にはチケットの他、FAN ID の登録・発行が必要

FIFAのHPから2018年ロシアW杯のページ、そしてFIFAチケットの販売ページへ入り、FAN IDの登録申請をします。

ちなみに、普段、ロシアに入国する際には事前にビザの申請・取得が必要となりますが、このW杯においては、このFAN IDがその代わりになり、改めてビザを取る必要はありません!

FAN IDの申請には、(1) チケット当選時のメールに記載のチケット確認番号、(2) パスポート情報、(3) 写真の登録が必要になります。

写真はこの10月にロシアに行った際のビザ申請に使った写真をスマホで取りなおし、少し明る目に加工して申請したら一発OKでした。通常のロシア入国ビザ用の写真と共通して、写真の背景は「白」、顔は「大き目に」というのもポイントだったのかと思います。

 

5. チケット購入者が無料で予約できる寝台列車のおかげで旅費が大幅に節約できた!

チケットを購入してチケット確認番号を得て、FAN IDを申請してFAN ID番号を得たら、http://www.fan-id.ru.でFIFAの無料寝台列車の予約ができます!

チケットを持っている試合を選びます。

希望の時間の列車を選び、好きな車両を選び、空いてる(赤枠)を選んで、チケット確認番号、FAN ID番号、パスポート情報等を入力したら予約完了!予約完了メールがちゃんときます。

ちなみに、寝台の上段への階段はないし窓もないので、下段がお勧めらしいです。

あと、予約はキャンセルするシステムがないみたいで(?)何便も出来ちゃいます。

 

6. ロシアの国内航空券と成田モスクワの航空券を購入

そして、成田―モスクワ間(変更不可、返金可)、無料寝台列車利用以外の都市間移動の航空券(変更・返金可)もこの時点で購入。

無料寝台列車を使うことで、日本代表の第1戦のあるサランスクと第3戦のあるヴォルゴグラートへの移動手段とホテル代が無料になったことで、日本戦第2戦後と第3戦後に利用するモスクワのホテルをB&Bから、大荷物の移動にも、夜の移動にも便利な駅から徒歩5分以内で、上層階にはエレベーターを使えるホテルに変更。

この時期に「返金不可」で決済してしまうのは凄い不安でしたけど、それ以降、急激に同レベルのホテルが相次いで満室になってきたので、時期的にも間違いはなかったのかなーと。

ロシアの国内線は最終的にエクスペディアで購入したので、その後の10日間であればホテルの予約も少し割引になるので、モスクワのホテル予約はこちらに変更(返金不可…爆)。

 

7. まだ間に合う!第2次販売抽選の締め切りは、1/31(水)

日本戦のチケットは後でも何とかなりそうな感じなので、とりあえず、今のうちに観戦旅程を立てて、ホテルと航空券を予約しとかないとー!

  1. FIFAのHPでチケット購入の申し込み(抽選)→FIFAチケット
  2. FAN IDの申請をします→FAN ID
  3. FIFAの無料寝台列車を予約する→http://www.fan-id.ru.
  4. ホテルを仮予約する→Booking.com
  5.  航空券の概算を把握する スカイスキャナー
  6. 航空券を買ったら、ホテル予約も安くなるかも→エクスペディア
  7. 普通の寝台列車も選択に入れてみる!?→Russian railways

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 298 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA