2015年12月スペイン

マドリード|エスタディオ・ビセンテカルデロン|アトレティコマドリード旧スタジアム・スタジアム見学ツアー

2016年9月9日

DSC06792

マドリード旅行時、アトレティコ・マドリードエスタディオ・ビセンテ・カルデロン (Estadio Vicente Calderon、旧ホームスタジアム)スタジアム見学ツアーに参加してきました!

現在では新スタジアムのエスタディオ・メトロポリターノ(Estadio Metropolitano)が出来ていますが、小さくて古臭いスタジアムだったけど、味のある地元密着のチームの雰囲気を体感できたのは良かったです。

アトレティコのファンの方、ラ・リーガのファンの方以外にも、スタジアムや建物フェチの方に、アトレティコの旧スタジアムの見学ツアーのレビューです。

ビセンテ・カルデロン

スペインのリーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードの旧ホームスタジアムであったビセンテ・カルデロン(カルデロン)は、マドリード・バラハス国際空港からタクシーで約10分。

マドリード市内からも地下鉄で約10分と便利な住宅街にありました

会場 エスタディオ・ビセンテ・カルデロン (Estadio Vicente Calderon)
最寄駅 地下鉄5号線のピラミデス(Pirámides)駅(徒歩10分)
収容人数 54,907人
開場 1966年
閉場 2017年
住所 P.º de la Virgen del Puerto, 67, 28005 Madrid, スペイン

カルデロンは2020年の夏に解体され、現在はアトレティコ・デ・マドリード公園が建設されています。

最寄駅から徒歩10分

DSC06803

カルデロンの最寄り駅は地下鉄5号線ピラミデス(Pirámides)駅でした。

駅の出口はこちら。

DSC06804

駅を出たところにある案内の通り進みます。

DSC06806

駅を出たところのこの通りをこのまま真っすぐ進みます。

DSC06807

しばらく歩くと、こちらの大きな通りに出ます。

DSC06808

ここを右に曲がり、通りを渡ります。

DSC06809

DSC06811

そのまま道なりに進むと、スタジアムが見えてきます。

DSC06812

エスタディオ・ビセンテ・カルデロンがこのように建っていました!

DSC06814

この日は日曜の日中だったせいか、この付近はスタジアム見学ツアー参加者をチラホラ見かけた程度で閑散としてました。

DSC06818

DSC06820

ミュージアム&ツアーの入り口。

見学ツアーチケット購入

DSC06821

スタジアムミュージアムの時間は、月~日曜:11:00~17:00。

見学ツアーの時間は、月~日曜:12:00、13:00、16:30、17:30(試合日程により変更あり)。

事前予約はありませんでした。

DSC06822

DSC06823

ミュージアム&ツアー入り口から入り、階段を降りたところに、スタジアム見学ツアーの受付があります。

DSC06905

ここで12:00スタートのツアーのチケットを買おうとしたらすでに売り切れだったので、次の13:00からのツアーのチケット(€10)を購入。

DSC06824

ツアー受付の右側を進むとスポーツバーがあり、その中にトイレもあります。

DSC06839

ツアー受付を左に進むとミュージアムになっていました。

DSC06860

その奥のスタジアムへ続くドアの前あたりがツアー集合場所です。

メガストアの奥からスタート

DSC06908

予定の時間が少し過ぎたくらいに、ツアーガイドさんがミュージアムに到着。

DSC06909

軽くミュージアムの各コーナーをスペイン語、英語で説明してから、このドアの外でチケットをもぎり、スタジアムツアーがスタートしました。

DSC06910

最初にピッチに出ます。

ピッチ

DSC06912

アトレティコ・マドリードは、レアル・マドリード、バルセロナに続く、収入とサポーターの数でスペイン第3番目のチーム。

マドリードでは富裕層にサポーターが多いレアルに対して、労働者層にサポーターが多いといわれています。

DSC06913

ピッチが近すぎるせいか、メチャクチャ小さく感じるスタジアム。

DSC06919

DSC06927

DSC06930

クラブ創設が1903年で、このスタジアムの開場が1966年。

DSC06931

今ではもう少なくなってきている古くて簡素なスタジアム。

DSC06932

収容人数は54,907人。

DSC06940

メインスタンドの下に高速道路が通っていることでユニークなスタジアムとしても有名です。

ですが、2017-18期から約70,000人収容の新しいホームスタジアムであるエスタディオ・メトロポリターノを使用予定。

プレスルーム

DSC06943

ピッチからプレスルームへ移動しました。

DSC06952

DSC06948

DSC06955

意外と大きなプレスルームでした。

選手控室

DSC06956

次にホームチームのドレッシングルーム(選手控室)へ。

DSC06960

グリーズマンは左端。

DSC06965

トーレスは正面右から2番目。

DSC06966

残念ながら、選手のロッカー前にはこのような柵があり、好きな選手のロッカーの椅子には座れませんでした^^;

DSC06967

ドレッシングルームの後、他のクラブではよくあるシャワールームやマッサージルームの見学はなく(実はここが一番残念ポイントだったのに…)、またピッチへ出ました。

ベンチ

DSC06973

ピッチへ出て、ホームのベンチで説明を聞きました。

DSC06975

椅子はちゃんとフォルクスワーゲンの椅子。

DSC06972

記念撮影スポット!

DSC06978

DSC06984

庶民派スタジアム感満載で、なかなか味があるスタジアム。

こんなスタジアムで試合を観たかったですね。

VIPルーム

DSC06987

DSC06993

カルデロンはVIPルームもシンプルでした。

DSC06994

アトレティコ・マドリードのスタジアム見学ツアーの最終地点は、もちろん、他のクラブのスタジアムツアーと同じく、クラブのメガストアです。

メガストア

DSC06996

カルデロンのメガストアはなかなか広く、商品ラインナップも豊富です。

DSC06997

DSC06998

レプリカユニホームから練習用ジャージやジャケットなど。

DSC06999

DSC07000

ボール、グローブ、マフラーなどのサッカー用品。

DSC07001 

DSC07002

レディースのアパレル商品も充実。

DSC07005

DSC07006

DSC07007

DSC07008

DSC07009

DSC07010

キッズ用アパレル、おもちゃ、書籍など。

DSC07011

ただ、一番お手軽なお菓子はありませんでした。

DSC07012

可愛いキーホルダーをお買い上げ(^^♪

ミュージアム

DSC06901

スタジアム見学ツアーに参加する前に、小1時間くらい時間があったのでスタジアムに併設されてるミュージアムを見学。

まるでアンティーク博物館のような可愛くて、楽しいミュージアムで、他のクラブにないアトレティコの魅力を知ることができました。

博物館専門家の寄贈コレクション

DSC06836

このミュージアムの設計と600点ものコレクションの寄贈は、パブロ・オルナケ(Pablo Ornaque)というスポーツコレクターであり博物館専門家によるもの。

マドリードの歴史美術館的要素

DSC06839

ボールとシューズで辿る世界のサッカー史コーナーや、マドリードのクラブとしてのアトレティコの歴史コーナーなどが並んでいました。

DSC06894

DSC06895  

DSC06893

1903年クラブ創設時あたりのアトレティコ・マドリードの地元の生活史のコーナー。

DSC06887

その先を抜けると、スタジアムの歴史のパネルが展示されてました。

DSC06882

小さなコーナーにはクラブと関連のある著名人のコレクションなども展示されていました。

DSC06904 

DSC06840

スタジアムの歴史のプレートが並んでるコーナーをクルッと回ると、だだっ広いワンフロア一面に各コレクションがまとまって展示されていました。

シンプルで見学しやすいレイアウト。

DSC06843

DSC06859

DSC06857

トロフィーのコーナー。

DSC06858

DSC06854

DSC06869

ユニフォームのコーナー。

DSC06853

チケットやアトレティコ・グッズのコレクション。

DSC06861

DSC06871

こんな沢山のアトレティコ・グッズから、アトレティコは昔からマドリードの街に育てられてきた、強い地元愛に支えらてきたクラブなんだと実感しました。

アンティーク美術館的要素

DSC06879 DSC06865 DSC06856 DSC06855

美術史やアンティーク、アンティーク・ジャンクが大好きな私には、サッカー要素だけではなくアンティーク美術館的要素があったことも、ここはポイント高いミュージアムになりました。

DSC06844

このミュージアムの熱量から感じるアトレティコの地元密着度と、アトレティコの泥臭く憎めないサッカースタイルとが合致していたのも良かった点でした。

DSC06880

それらの点でも、これまで見てきたサッカークラブのミュージアムの中では一番狭いミュージアムでしたが、これまで一番だと思ってたリバプールFCのミュージアムを大きく上回るほどの楽しいミュージアムでした。

DSC06881

サッカーファンだけじゃなくって、アンティーク・ジャンクの好きな人、1900年代の美術史や生活史が好きな人にはおすすめのマドリード観光スポットでした。

現在の新しいスタジアムに併設されているミュージアムにも、このコレクションがそのまま残っていて欲しいですね。

スポーツバーでタパス

DSC06834

DSC06829

DSC06832

DSC06830

トイレもアトレティコ一色で可愛いんですよね。

DSC06825

カルデロンでの最後はスポーツバーでのランチ。

DSC06827

カウンターに座ることにしました。

DSC07016

広いカウンターには、すでに3組のお客さんが座っていました。

DSC07021

DSC07022

テーブル席には12:00からのスタジアムツアー客の団体が座ってました。

DSC07018

DSC07023

DSC07019

ここのスポーツバーのメニューは、ハンバーガー、ステーキ、サンドイッチ、サラダ、ポテトなどのオーソドックスなスポーツバーのメニューが揃っていました。

DSC07027

私はカウンターに並んでいたタパスからトルティージャオイルサーディンをコーラと共に。

DSC07025

トータル、€6.00!

安っー!アトレティコ価格。

DSC07028

しかも、片手大強もあるお皿にてんこ盛りにしようとしたのを山盛りレベルで止めたという、ボリューミーなオイルサーディン。

DSC07029

ポテトと豚ひき肉のトルティージャも片手大強の大きさに、厚さ2.5㎝はある位の凄いボリューム。

どちらも、なんか親しみのある、どこかで食べたような懐かしい家庭のお味で大満足でした。

まとめ

DSC06983

現在、エスタディオ・メトロポリターノをホームスタジアムとしているアトレティコ・マドリード。

今回レビューした旧ホームスタジアムのビセンテ・カルデロンは、2020年の夏に解体され、現在はアトレティコ・デ・マドリード公園が建設中です。

小さくて古臭いスタジアムだったけど、味のある地元密着のチームの雰囲気があったスタジアム。

サッカーファンだけじゃなくって、アンティーク・ジャンクの好きな人、1900年代の美術史や生活史が好きな人にはおすすめだったミュージアム。

お手軽価格でボリューム満点の美味しいタパスが食べれたスポーツバーなどは、新しいスタジアムにも引き継がれてるのでしょうか?

今度マドリードへ行った際に確認してきたいです!

2015年 サッカー&フィギュアスケート観戦スペインの旅

2015年の12月初旬から半ばまで、スペインのマドリードとバルセロナへ、10泊12日の観戦旅行に行ってきました! レアル ...

続きを見る

Pick Up

海外旅行 おすすめ クレジットカード特集 1

海外旅行の際、クレジットカードが必須なことは常識です。 でも、そのクレジットカードに付帯するサービスをどれだけ知っている ...

2

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合 ...

4

管理人こんにちは、クマホリ(@mi_ha_travel、@kumaholictokyo)です。 観戦・遠征旅の準備の際、 ...

-2015年12月スペイン
-, ,