" />

2018ロシアW杯旅行記

マリンスキー劇場にお土産を買いに行く

モスクワにあるボリショイ劇場と並び、ロシア宮廷バレエに端を発し、今では世界5大バレエ団の一つともいわれている、サンクトペテルブルグにあるマリンスキーバレエの本拠地マリンスキー劇場。

エカテリーナ女史の命により1783年に創設されたロシアらしいエメラルドグリーン色の旧館マリンスキー(写真左)、2013年に建てられた新館マリンスキー2(写真右)、そして2006年に建てられたコンサートホールの3つの劇場から成ります。

今回、マリンスキーでのバレエ鑑賞は出来なかったんですが、気持ちばかりと、お土産だけでも現地で買って帰りたい!との思いで、マリンスキー劇場まで行ってきました!

アクセスが面倒臭い場所にあります

上の地図上でマリンスキー劇場を確認してもわかるように、サンクトペテルブルグ中心部から少し離れた場所にあり、地下鉄駅からも少しあってわかりにくいので、慣れないうちはヤンデックスタクシーを配車するのが簡単でおすすめです。

【乗り方と注意点】ロシアのタクシーはヤンデックスタクシー一択

モスクワではぼったくりな空港タクシーや白タクなどに乗ったことがある私的には、スーツケースなど大きな荷物がある時の移動手段 ...

続きを見る

お土産を買うために劇場内へ入りました

今回、私はスケジュールと予算の都合上、マリンスキーバレエの鑑賞は諦めました。

ですが、今後のために(笑)、場所だけ確認して、できればお土産でも買ってみようと劇場内に入りました。

「売店でお土産を買いたい。」と受付付近にいた人に伝え、入れて頂きました。

次回は是非、あっち側で公演を鑑賞したい!

バレエグッズなどのお土産を売っている売店は、向かって右側の奥を進んだところです。

白鳥の湖がモチーフの小物入れを買いました

かなり小さ目なショップです。

マリンスキー劇場オリジナルのグッズは少な目ですが、バレエをモチーフとした雑貨は豊富に揃っています。

機関銃トークで営業してきた店員さんも呆れるほど長時間迷いに迷った末、

この白鳥の湖(スワンレイク)がモチーフの可愛いロシア土産の定番である木製小物入れを買いました(^^♪

P3,200(約¥5,500)でした。

こちらより種類は少なかったんですが、ペテルブルグの空港の売店にもいくつか置いてありました。

もちろん、こちらよりちょっとお高かったですが、空港で買えるのは便利ですよね。

もしかしたら、街中のお土産屋さんでも売っているのかもしれませんね。

なお、公演のチケットは、公式(https://www.mariinsky.ru/en)から事前に購入することができます。

Pick Up

1

観たい試合や公演が見つかったら、まず旅行全体のスケジュールを組んでみて、有休が取れそうな計画か一度しっかりと考えます。 ...

2

海外遠征に出かけるために持っていた方が良いクレジットカードの他に、遠征費の足しにできるマイルを普段の生活で貯められるカー ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合 ...

4

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

5

旅行先からメールや画像を送ることはもちろん、インスタグラム、Twitter、Facebook、ブログなどを投稿したり、現 ...

6

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます ...

-2018ロシアW杯旅行記
-,