2017年モスクワ

モスクワ|ボリショイ劇場でバレエ鑑賞|ボリショイバレエの「海賊」当日・座席からの見え方

フィギュアスケート観戦のモスクワ遠征旅の際、ボリショイ劇場でのバレエ「海賊」を鑑賞してきました!

ボリショイ劇場の内部には、見ごたえある特別展示室などの見学スペースや、豪華な劇場内をじっくり見て回りたいので、出来れば余裕を持って到着することをおすすめします。

ここではボリショイ劇場でのバレエ「海賊」公演日当日の劇場の様子と座席からステージの見え方などをレビューします。

今後のモスクワ旅行の参考にして頂ければ幸いです。

クローク

クロークの預かり札。

ボリショイ劇場の入口で簡単なセキュリティチェックを受けて中に入り、ロビーで印刷したEチケットのバーコードをスキャンしてもらい、地下のクロークへ向かい荷物やコートを預けます(無料)。

座席は比較的狭いし、座席回りもそれほど余裕があるわけではないので、コートや少し大きな荷物はクロークに預ける方が無難です。

ドレスコード

地元ロシアのお客さん達は、女性はロングドレスに男性はタキシードなど凄いおしゃれをしてきています

一方、観光客は比較的カジュアルな恰好をしている人が多かったです。

ボリショイのドレスコードは他の国の劇場と比べて意外と厳しくないようですが、雰囲気を壊すようなカジュアル過ぎる格好はやはり浮いてしまいます。

クロークの前でブーツからパンプスに履き替えている女性も多かったです。

バー

各階にこのようなドリンク軽食が買える売店があります。

ガラーンとした広いエリアにポツンとあるので、一瞬、躊躇してしまいましたが、取り急ぎオレンジジュースを一気飲みしておきました。

まず自分の席を確認しようと思い自分の席のある階に。

早すぎたのか係の人から「特別展示室で企画展がやっているので、ゆっくり見てきたらどうか。」と促され、他の階を探索しながら特別展示室へ行くことに。

こちらでは昔、舞踏会が行われていたそうで、現在はパーティーなどで使われているそうです。

特別展示室

そして特別展示室へ。

この時の企画展はロシア・アヴァンギャルド時代のロシア・バレエについてでした。

ロシア・アヴァンギャルド時代のアートが大好きなので、今回、ボリショイでこの展示で少しでも触れられて本当に良かったです。

まだまだ開演まで早いけど、そろそろ自席を確認に。

2階ボックス席最前列

ドアを開けるのは自分勝手にはできず、毎回、係員に鍵で開けてもらわなければなりません。

座席の後ろに待合スペースみたいものがあります。

お席は2階バルコニーの席の一番ステージ寄りのボックスにしました。

写真のイメージより座席は左右の余裕もあり、窮屈さは全くありませんでした。

ボックス席の一番後ろの席は、通常売られていないか、売られていてもバレエ学校の生徒用にかなりお得な価格で出しているそうです。

この日も最初は開いていましたが、途中から内部の人らしき男性2人が座り、「ブラボー、ブラボー」と終始大きな声を張り上げていました。

席の前のひじ掛けにはスマホとかデジカメなどを置けます。

そろそろ始まります。

第1幕が終わり、幕間に1階の席を見学。

こちらも傾斜は緩やかなので、前列でないと背の比較的低い日本人にはステージは観難いのかなと思いました。

演目は「海賊」

第2幕が始まります。

この日の演目は「海賊」でした。

2階以上のバルコニー席からはオーケストラピットも見えるのでお得な感じです。

2017年10月19日のHistoric Stage (もう一つNew Stageがあります)

  • 演目: Le Corsaire (海賊)
  • 3幕構成
  • Conductor: Pavel Klinichev
  • Dancer: Anna Balukova
  • Leading Solist: Anastasia Stashkevich
  • Dancer: Denis Rodkin
  • Dancer: Elvina Ibraimova
  • Dancer: Vasily Zhidko
  • Dancer: Alexei Loparevich

まとめ

通常、ボリショイのチケットは発売早々に良い席は売り切れてしまいます。

ですが、今回の海賊の演出が新しいものだったらしく、ボリショイの看板ダンサー勢揃いだったにもかかわらず、公演週間前という直前にチケットが取れました。

2階バルコニー、ステージ寄りのボックス最前列からのボリショイ鑑賞は、多少の見切れ部分はありましたが、ダンサーの重量感をドシンと感じられる迫力ある技がしっかり堪能できました。

また、凝った舞台美術の細かい部分も観れて、オーケストラピットからの迫力も相乗効果となって、最高に豪華なバレエ鑑賞になりましたー(^^♪

モスクワに行ったら、絶対、ボリショイ劇場でバレエかオペラ鑑賞がお勧めです。日本で観るより断然お得です!

キリル語はわからないけど、お土産にプログラムを購入しましたw

ボリショイ劇場|バレエやオペラのチケット購入方法を徹底解説!

モスクワの中心にあり、赤の広場、クレムリン、ホテル・メトロポールのすぐ側にある歴史豊かなボリショイ劇場。 地下鉄2号線のTeatral'naya(テアトラーリナヤ)駅を出ると目の前です。 ここボリショ ...

続きを見る

モスクワ|ボリショイ劇場でバレエ鑑賞|ボリショイバレエの「ライモンダ」当日・座席からの見え方

サッカーW杯ロシア大会観戦旅行時、モスクワでボリショイ・バレエの「ライモンダ」を鑑賞してきました。 このバレエ鑑賞の前にボリショイ劇場を元日本人バレリーナの方のガイドによる劇場見学ツアーに参加したこと ...

続きを見る

モスクワ|ボリショイ劇場のバックステージ見学ツアー 口コミ徹底レビュー

ロシアW杯観戦旅行のモスクワでの空き時間に、日本人サポーター向けに元バレリーナの山本萌生さんのガイドでの、ボリショイ劇場のバックステージツアーに参加してきました! 見学ツアー料金は3,500ルーブル( ...

続きを見る

2017年 サッカー&バレエ&フィギュアスケート観戦モスクワの旅

2017年10月17日から24日までの6泊8日、フィギュアスケートのグランプリシリーズのロシア大会(ロステレコム杯)観戦をメインの目的とした、モスクワ遠征旅に行ってきました! CSKAモスクワ v.s ...

続きを見る

Pick Up

1

海外旅行の際、クレジットカードが必須なことは常識です。 でも、そのクレジットカードに付帯するサービスをどれだけ知っているか、どれだけ使いこなせているかで、普通の旅行が、お得に、さらに楽しいものになりま ...

2

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます。 ですが、基本的な自分の持ち物チェックリストを作っておくと、それに沿って準備す ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合を観に行きたい。 このような動機から始まる海外観戦旅行の最初のステップは、まずそ ...

4

管理人こんにちは、クマホリ(@mi_ha_travel、@kumaholictokyo)です。 観戦・遠征旅の準備の際、普通の観光旅行とはちょっと違います。 手配フローとしては、 お目当ての試合や公演 ...

-2017年モスクワ
-, ,