旅情報 旅行記 2017年モスクワ旅行記

【時差ボケ対策】機内では寝ないで、到着したら現地時間に合わせて積極的に行動する【ホテル周辺を散歩】

2018年5月13日

最近、特に、海外旅行での「時差ボケ」ためから起こるトラブルやロスが頻繁になってきたと思うお年頃な私。

いろいろ話を聞いたり、試してみたりしましたが、結局、時差ボケを軽減するポイントとしては、単純に「出来るだけ出発前から現地時間で行動すること」に尽きるような気がします。

海外への観戦・鑑賞遠征旅行で身近な欧州への直行便の場合、日本を午前中に出発して、現地に夕方辺りに到着する便が多いのです。

ですが、その場合、日本時間+数時間余計に起きているだけで現地時間に調整できるので、実は他地域より体調管理が楽だったりします。

*エコノミークラスに乗ることが前提で書いてます。ビジネスクラスやファーストクラスに乗る場合は、また、全くと言っていいほど違う話になります。

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

午前発、夕方着の欧州便の場合の話です。

1. 前提:直前2~3日は睡眠不足でないこと。

エコノミークラスの座席で爆睡できた若い頃と違って、出発直前まで仕事や準備などでドタバタしてほぼ徹夜に近い状態であっても、思う程、機内では寝れないと思った方が無難です。

出発直前の睡眠不足はそのまま旅行中の体調悪化や判断ミスに直結します。短い旅行中の貴重な丸1日寝込んでしまったり、早朝の列車を逃してしまったり、まー、いろいろありました…爆

2. 機内では極力寝ない。昼寝は一時間位まで

でも、機内では寝れない方が良いんですよ。うっかり数時間寝てしまうと体内時計が狂ってしまいます。時差調整で現地で数時間余計に起きていることを考えても、仮眠の範囲内に止められる1時間以内に抑えた方がいいと思います。

昼食後、機内が暗くなったら、映画を数本観ながらスキンケアをして、スケジュール確認、ガイドブック確認、各スポットへの行程確認、カメラの設定・作動確認なんてしてたら往路の10~12時間は意外とあっという間です。

3. 夕方過ぎにホテルに着いたら、積極的に行動して体を現地時間に矯正する

ホテルの部屋に着いた後は、早速、観戦や鑑賞に出かけたり、観光、買い物、夕食に出かけたり、ホテル周辺をブラブラ歩くなどして、体を少しでも疲労させて現地時間に慣らした方が、日本時間の朝時間にあたる現地の夜中でも眠れるかもしれません。

夜中に目が覚めてしまっても、テレビを観て、お菓子を食べだしたりしないで、ベッドの中でずっと目を閉じていた方が体は休まるそうですよ。

なので、モスクワ到着後、すぐにホテル周辺をブラブラ。

メトロポール モスクワにチェックインして、部屋でコーヒーを一杯飲んで休憩した後、早速、近くのスーパーの場所の確認もしたかったので、ホテル付近をブラブラ歩きしに出ました。

10月のモスクワ。空港からホテルに到着した時はまだ明るかったんですけど、街歩きに出た頃にはすっかり暗くなってました。

ホテル付近は観光客と帰路に就くモスクワ市民とで、かなり混みあっていて、危険とかいう雰囲気は全くなく歩き回れましたが、ある程度の地図しか頭に入っておらず、スマホで位置を確認しようにも、暗くて画面が確認し難く、また迷子になってしまい、30分位ホテルの周りを大きく回ってしまいました…爆

赤の広場はホテルから5分程だったので、到着日に早速、観光スポットの1つ目をクリア。

クレムリン宮殿は、結局、この旅では中には入る暇はなかったけど、広い赤の広場を歩き回ったただけでも満足できました。

グム百貨店はまだ開いてました。

ホテルから徒歩5分程で赤の広場。

比較的短い滞在期間だったら、やっぱり街の中心の人気エリアにあるホテルに泊まるのがお勧めです。

Pick Up

1

推しを観に、応援しに国内・海外遠征旅を何度もする遠征オタ旅。 現地の美味しいものや街歩きを楽しみながら、現地の老舗ホテル ...

2

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

3

海外旅行に行く際、万が一のために、海外のバカ高い医療費などの補償をカバーするために必ず入っておくのが海外旅行保険です。 ...

-旅情報, 旅行記, 2017年モスクワ旅行記
-,