モスクワの地下鉄に乗る



交通ICカードのトロイカカードを買う

ホテル・メトロポール・モスクワやボリショイ劇場の最寄の地下鉄2号線チアトラーリナヤ駅の入口。

モスクワ地下鉄メトロのマークは赤いM。

フィギュアスケートGPシリーズ・ロステレコム杯の会場であるメガスポルトの最寄りの地下鉄2号線のディナモ駅。

地下鉄2号線のトゥベルスカーヤ駅の入口。

ういモスクワ中心部からメガスポルト最寄駅ディナモまで数日、1日2往復する日もあることを考えて、回数券ではなく、Suicaのような交通ICカード・トロイカカードを買いました。

デポジット50ルーブル、チャージ450ルーブルとして、500ルーブルを窓口に出し、スマホに保存していたトロイカカードの画像を無言で指さすだけ。モスクワの中心部の駅の窓口であっても、英語は全く通じないし、無理してあれこれコミュニケーションするところでもないので。

後から知ったんですけど、アプリからも残金チェックしたり、チャージ出来るんですね。

帰国時に、再度窓口は持って行って、残金を払戻し出来るらしいのですが、その当時からワールドカップを観に行く予定もあったので、途中1回200ルーブルを再度チャージしたままにして、持って帰ってきました。

あと、地下鉄だけではなくて、バスやトラムにも乗れます。

黄色いMマーク部分にカードをかざせば、改札ゲートが開きます。この辺は世界共通で難なく。

 

モスクワの地下鉄は奥深い

モスクワの駅構内は、ソウルの地下鉄駅構内と同じようにシェルター代わりに使えるようにしていることもあってか、駅のホームはとてつもなく奥深くなってます。

 

構内や車両内はキリル文字表示のみ、英語表記は全くなし

構内は一切アルファベット表記はなく、キリル語表記オンリーなので、自分が降りる駅名、行先の終点駅名、出口、入口など、最低限の単語は覚えておいた方が無難です。私は地下鉄に慣れるためだけに、半日ほど使いました。

アルファベット表記さえあれば、とても使いやすいのになーと思います。

 

 

モスクワの地下鉄ホームは豪華

モスクワの地下鉄のホームは芸術的で豪華で有名なので、駅巡りをしようと思ってましたが、フィギュア観戦がメインの旅の場合、そんな時間は持てるわけもなく。ワールドカップで再度、モスクワを訪れた際にはリベンジしたいイベントです。

 

モスクワの地下鉄車両はボロいが、ほぼ東京メトロ並みに頻繁に来るから便利

各ホームは凄い豪華なんですけど、車両はボロボロです。

でも、繁忙時間は東京メトロ並みに頻繁に来るので、本当に便利です。

所により、ガッタンガッタンとちょっと揺れます。

本当にボロいし、たまに少し何か臭ったけど、凄く汚かったということもなっかったし、サッカー観戦帰りの夜中に乗っても(0時過ぎ頃)特に危なく感じることもありませんでした。

でも、油断禁物。すべては自己責任です。

長すぎるエスカレーターの速度は比較的早いので、物を落としたり、転げ落ちたりしたら面倒だし、危険なので要注意ですね。

改札を出るときは、何もせず、そのまま出てOK。

チアトラーリナヤ駅のボリショイ劇場側ではなく、赤の広場側の出口。

ザ・ソ連。

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 273 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください