ホテル メトロポール モスクワ(Hotel Metropol Moscow)宿泊記 2017年



1905年創業、ロシア革命の舞台にもなったモスクワの歴史ある名門ホテル

今回、モスクワで泊まったのはメトロポール・ホテル・モスクワ(The Metropol Hotel Moscow)。

エクスペディア-海外の厳選ホテル

もともとサッカーロシアW杯にも観戦に行こうかと考えていたので、その簡単な視察を兼ねて、今回はロステレコム杯の会場であるメガスポルトの近くのホテルではモスクワの中心地から少し離れるので、観光に、買い物に一番便利なクレムリン付近で、

どうせだったら欧米のチェーンホテルではなく、出来ればソ連色が強いロシアのホテルに泊まってみたいこともあって、メトロポールを選びました。

クレムリンや赤の広場へも徒歩約5分、ボリショイ劇場と地下鉄Teatral’naya駅は通りを挟んでほぼ真向いという華やかな立地。

建物はアールヌーボー様式の5階建て。ホテル正面のファサードの上部外壁には、画家ミハイル・ヴェルベルによる「眠れる森の美女」のモザイク画が施されてます。

エクスペディア-海外の厳選ホテル

入口にはセキュリティの人が常に2人いました。

正面の入り口を入ると、いきなりこの階段をスーツケース持って登らなきゃなりません。入り口に立ってる2人はドアマンでもベルボーイでもなく、ただのセキュリティみたいなので、荷物を持つのを手伝ってはくれませんよ。

1905年創業の老舗、ロシア革命の際の革命議会の会場、革命直後には全ロシア中央委員会が置かれ、レーニンやスターリンなどのソビエト最高幹部が居住して執務をしていたソビエト連邦最盛期の古い趣がまだまだ残っているホテルです。

エクスペディア-海外の厳選ホテル

その階段を上がったちょっと落ち着かない感じのところがティールーム。ロシアン・アフタヌーンティーが楽しめます。

広いロビーでのピアノ演奏は日中続きます。

ロシアを感じさせる広いロビー。

フロントやコンシェルジュは皆、愛想も良く、ちゃんと英語を話し、チェックインや滞在登録証の受け渡しもとてもスムースですが、その他のレストランや清掃スタッフなどは英語はほぼ話せないと思っていおいた方が良いです。

 

 

アールヌーボー様式でとにかく広すぎる館内

アールヌーボー、または美術史好きにも必見なホテルの館内です。

各階のエレベーター前のロビーもだだ広い。

階段の周りには、これまでのメトロポールの歴史や関係者などの他、これまで宿泊した国家元首、王室関係者、財界人、文化人、その他著名人の写真がスラリと並んでいます。馴染みのある芸能人の写真も沢山並んでいるので、時間がある時に見て回ると面白いですよ。

エクスペディア-海外の厳選ホテル

マイケル・ジャクソン、エルトン・ジョンなど…

レーニン、スターリン、トルストイ、毛沢東…

日本からは橋本元首相や麻生さん… 先日は安部首相ご夫妻も宿泊したそうです。

本当にだだ広い館内で、エレベーターから部屋に多とりつくまで、広すぎる廊下を歩くこと歩くこと約1分w

ホントに、しつこいけど廊下もいたるところに沢山ある無意味なロビーもただただだだ広いんです。

何回かドアを開け開け、やっと部屋に辿り着きます。

 

 

泊まった部屋はスタンダードダブル

泊まった部屋はスタンダードダブルで、一番お得なレートのお部屋ですが、重厚感を感じながらも、とてもスッキリして過ごしやすい客室です。

エクスペディア-海外の厳選ホテル

ちなみに、スイート以上の客室には重要文化財として登録されている価値あるアンティーク装飾品で飾られているらしいので、少し余裕があったら、是非、スイートにw

デスクライトOK。

TVはNHKも観れましたけど、意味わからなくても現地の番組を流しておく方が面白くて好きです。左下のキャビネットは冷蔵庫(有料ドリンクで一杯)になってます。

湯沸かしポット、無料のミネラルウォーター、ティーセット、有料スナックセット。ティーセットの中の紅茶(ブラックティー)がめちゃくちゃ美味しくて、さすが紅茶の国ロシアの紅茶だなとちょと感動しました。

時差ボケとスケジュール的にぐっすり眠れた日はありませんでしたけど、ここダブルベッド自体は硬さも適度で、とても快適でした。

夕方のターンダウンサービスの時に、ベッド脇にミネラルウォーターとメトロポールのチョコレートを数個置いてくれます。

エクスペディア-海外の厳選ホテル

1人だったから十分に余裕がある広さで快適でしたが、2人ではやはり狭いと思います。

窓の外はこんな残念な感じですが、このもー少し先が赤の広場辺りです。

バスルームは、少し古さも感じ、大きさも少し狭い感じですが、バスタブの大きさや深さ、シャワーの水圧、タオルの数など、使い勝手はそう悪くありません。

4本のミネラルウォーター、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、シャワーキャップなど。

アメニティのブランドは、大好きなイギリスのフローリス(^^♪

フローリスの香水はいくつか持ってますが、シャンプー、コンディショナー、ボディソープは初めてだったんですが、これがまた絶品で、剛毛な私の髪が柔らかくてサラサラになります。

 

 

1セット持ち帰って水が違う日本でも使ってみましたが、使い心地は変わらず絶品。ですが、日本で買おうとすると伊勢丹での割り増し率がめちゃ高い値段でのものしかないみたいです(そうだ、イギリスに行こう!)。

古いホテルだけあって、ドライヤーはこのタイプでした。

でも、やっぱり体重計はありました。さすが5つ星ホテル。

バスローブは比較的薄い生地で、意外と着やすかったです。あと、ちゃんとエマージェンシーボタンもありました。

クローゼットの大きさも1人だったら充分な大きさです。もちろんセイフティボックス、使い捨てスリッパ、傘もちゃんと完備。

 

今回もエクスペディアで予約

今回は1都市にだけ滞在だったので、エクスペディアの「航空券+ホテル」のパッケージツアーだったら少しお得に予約できるかなと思って利用したんですが、結果、航空券とホテルを別々で取るのと変わらない値段でした。しかもキャンセル不可だったし。

その時のタイミングや割引になるホテルというのが限られているんでしょうね。

やっぱり、航空券とホテルは別々で予約した方が良いのかなーと思いましたが、その際もエクスペディアでまとめた方が予約管理が簡単だったり、トラブルの際の窓口が1つで面倒がなかったりします。

ホテル滞在自体は、立地的にも施設的にも大満足でしたが、モスクワにはまだまだ沢山素敵なホテルが、他の世界中の大都市のホテルと比べても、比較的リーズナブルな価格で泊まれるので、次は別のホテルにも泊まってみたいですねー、サボイホテルとか。

エクスペディア-海外の厳選ホテル

 

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 303 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA