2014年イギリス・バルセロナ

ロンドン|ザ・ブルームズベリーホテル The Bloomsbury Hotel 宿泊記 口コミレビュー

2016年1月9日

ロンドンでのお気に入りエリアの大英博物館付近のブティック・ホテルのザ・ブルームズベリー・ホテル(The Bloomsbury Hotel)に泊まってきました。

今回、予約したのは一番下のバスタブ付きスタンダードルームでしたが、初日にアサインされたのはシャワーのみの部屋だったので、翌日はバスタブありの部屋に変更してもらいました。

この記事ではこのホテルのスタンダードルームと朝食のレビューです。

ロンドンのほぼ真ん中に位置する、大英博物館近くのどこに行くのにも便利な好立地。

決して大きな部屋ではありませんが、とてもシックでモダンで、ベッドの寝心地が最高な隠れ家的ブティックホテルで、特に女性におすすめのホテルです!

ザ・ブルームズベリー・ホテル

ザ・ブルームズベリー・ホテルは、ロンドン・ヒースロー空港からタクシーで約30分トッテナムコートロード駅まで約3分、コヴェントガーデン駅まで徒歩11分。

ホテル ザ・ブルームズベリー・ホテル(The Bloomsbury Hotel)
最寄駅 地下鉄トッテナムコートロード駅(徒歩3分)
4つ星
部屋数 153室
住所 16-22 Great Russell St, London WC1B 3NN イギリス
電話 +44 20 7347 1000
URL https://www.doylecollection.com/hotels/the-bloomsbury-hotel

著名な建築家 Sir Edwin Landseer Lutyensによって1920年代に設計され、その後改装され、ジョージアン様式の魅力を残したホテルになりました。

館内には24時間オープンのフィットネスセンター、図書館、ビジネスセンターもあります。

大英博物館近くにあるブティック・ホテル

DSC04686

ザ・ブルームズベリー・ホテルは、ザ・ドイルコレクション(The Dyle Collection)という家族経営ブティックホテル・グループのホテルです。

DSC04455

ザ・ドイルコレクションのホテルは、ロンドン、ダブリン、ワシントンD.C.などに8施設展開。

DSC04459

とてもシックで落ち着いた大人なホテルです。

DSC04457

館内の至る所に中国陶器が飾られていました。

DSC04453

一時期、もう少しお高いブティックホテルチェーンである「Firmdale Hotels」の傘下に入っていて、しばらく手が出なかったのですが、この度、久々に再訪。

スタンダードルーム(シャワーのみ)

DSC04378

お部屋はスタンダードルームで、ダブルベッド、朝食無しという一番お安いプランにしました。

DSC04536

DSC04538

とても狭いお部屋であれでしたけど、趣味良く、シックにまとめられていました。

ダブルベッド

DSC04539

そしてこのダブルベッドの寝心地がまた最高で、遠征旅ではいつも浅くしか眠れないのですが、この時はグッスリと深く眠れて、翌朝の寝起きはこれまでにないくらいスッキリで本当に感動しました。

バスルール

DSC04377

DSC04379

バスタブ付きのお部屋を予約したはずでしたが…。

チェックインした時間が21時近かったせいか、スタンダードルームのバスタブありの部屋での空室はなかったと。

「それでもとても使いやすいお勧めの部屋よ。」と言われ、シャワーのみのお部屋に泊まることに…(´Д⊂グスン

DSC04382

洗面台のシンクはとても広くて、深めでとても使いやすかったです。

DSC04380

シャワーは固定式でした。

DSC04383

トイレの棚の上にアメニティが並んでいました。

DSC04384

アメニティーはアロマセラピーアソシエイツでした。

とてもナチュラルでスッキリしたアロマな香りのラインで基本的には好きなブランドなんですが。

ここのシャンプーだけは私の髪には合わず、コンディショナーを大量に使っても、仕上がりがバリバリな髪に…。

クローゼット

DSC04388

クローゼットの中には、バスローブ、スリッパ、アイロンセット、セイフティボックスなどがありました。

DSC04385

冷蔵庫は、扉を開けて、中のドリンクを少しでも動かすと、自動的に課金されるタイプでした。

なので、スーパーで大きなサイズのミネラルウォーターを買って、冷やしておけないのは、真夏の時期などはちょっと辛いですね…。

ティーセットなど

DSC04386

ミネラルウォーター2本は無料です。

ネスプレッソがありましたが、3杯分でした。

DSC04387

DSC04409

ティーセット一式。

紅茶とハーブティーのティーバックはウィッタードのものでした。

DSC04406

ベッドの脇にあったリンツのチョコは2つ。

DSC04397

無料Wi-fiは難なくサクサクつながって、凄ーく便利でした。

スタンダードルーム(バスタブ付き)

DSC04470

2日目はバスタブ付きのスタンダードルームに変えてもらいました。

DSC04465

DSC04535

ホテル内では静かにジャズが流れていて落ち着きます。

DSC04676

DSC04541

DSC04546

前日のシャワーのみのお部屋よりもかなり狭く感じ、少し使いずらい感じのお部屋でした。

クイーンサイズベッド

DSC04564

でも、こちらの部屋のベッドはクイーンサイズでした。

やはりこちらのベッドの寝心地も最高で、このホテル滞在中の2晩の睡眠で、この旅行中の疲れが全て飛んでしまったかのように、体が一気に軽くなりました。

ベッドのメーカー調べてくればよかった!

DSC04551

とても狭い…以外は、とても素敵なお部屋でした。

クローゼット

DSC04552

クローゼットも1人用としてもちょっと無理があるんじゃないの、というほどギリギリさ。

DSC04555

DSC04557

ガウンもスリッパもフカフカで気持ち良いしっかりしたものでした。

デスクの上…

DSC04560

また、デスクには、ティーセットやネスプレッソやグラスまでが置かれていたので、ちょっとしたデスクで済ませたい作業ができず、全部ベッドの上ですることになってしましました。

DSC04559

やっぱり、次回からはもっと良いお部屋にします^^;

DSC04542

バスルームも狭く、バスタブの小さめでした。

DSC04543

でも、女性1人だったら、このようなコンパクトな部屋の方が、動きやすくて過ごしやすいこともあったりなかったり。

朝食

DSC04677

朝食付きの宿泊パッケージではなかったのですが、1日だけこちらで食べてみました。

DSC04454

こちらのホテルの当日朝食料金も、他の大体のホテルと同じく朝食込み宿泊料金と変わらなかったので、臨機応変に外にも食べに行けるように、朝食なしの料金プランにしていました。

DSC04463

DSC04466

DSC04467

DSC04634

朝食会場は、ホテルの地下の広くて開放感があり、ジャズが流れる静かなレストランでした。

DSC04636

DSC04646

コールドミールのビュッフェは£18.95。

卵料理、ソーセージ、ベーコン、ポテトケーキ、ブラックプディング、焼きトマト、パンケーキなどのホットミールを追加したビュッフェが£26。

かなり強気な朝食料金。

DSC04639

コールドミールには、スモークサーモン、スモークチキン、ゆで卵、ハム、チーズなどのタンパク質メニューがちゃんと揃っていました。

DSC04638

美味しそうなデニッシューやジャムなども沢山ありました。

DSC04641

サラダ、温野菜、キッシュなど。

DSC04645

DSC04644

シリアル、グラノーラ、フルーツ、ヨーグルトなども種類豊富でした。

DSC04649

フレッシュジュース

DSC04647

タンパク質、リコピン、ビタミンC、そして頭の栄養に炭水化物。

DSC04669

デザートにはヨーグルトにベリーを入れたものを。

これらのコールドミールの朝食のほか、イングリッシュブレックファースト、オムレツ定食、日本食の照り焼き鮭定食などもありました。

DSC04471

ホテルのロビーのクリスマスツリーも、シックに飾られていて素敵でした。

DSC04687

やはり、良いホテルの滞在では、お部屋とか食事とか、もう少し余裕がある滞在にしないと意味がないですね。

DSC04688

フロントの人をはじめ、コンシェルジュ、ベルボーイ、レストランのスタッフなど、こちらのスタッフは皆、フレンドリーだけど丁寧な接客で好印象な人達ばかりでした。

DSC04690

チェックアウト後に、荷物を預け、ミネラルウォーターを頂きました。

まとめ

ロンドンのほぼ真ん中のトッテナムコートロード駅が最寄り駅で、買い物に便利なオックスフォードストリートと大英博物館が目と鼻の先という好立地。

老舗のホテルなので、少し施設が古いところも感じ、部屋も狭いのですが、部屋のデザインがとてもシックで素敵な隠れ家的ホテル。

季節の花で飾られたテラスでのアフタヌーンティーも、ぜひ次の滞在では体験してみたいです。

2014年 ライブ・サッカー・フィギュアスケート観戦イギリス&スペインの旅

2014年12月初旬から半ばまで、イギリスとスペインはバルセロナへ10泊12日、観戦&観劇旅行に行ってきました! ヒュー ...

続きを見る

Pick Up

海外旅行 おすすめ クレジットカード特集 1

海外旅行の際、クレジットカードが必須なことは常識です。 でも、そのクレジットカードに付帯するサービスをどれだけ知っている ...

2

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合 ...

4

管理人こんにちは、クマホリ(@mi_ha_travel、@kumaholictokyo)です。 観戦・遠征旅の準備の際、 ...

-2014年イギリス・バルセロナ
-, ,