2018サッカーロシアW杯

アエロフロート航空44便(モスクワ→サンクトペテルブルグ)ビジネスクラス搭乗記 2018年

サンクトペテルブルグ(ペテルブルグ)への当初のフライトに乗り遅れ、新たに買い直したのが、このその日のチケットで唯一残っていたアエロフロート航空のビジネスクラスの席

アエロフロート航空44便(SU44)21:35発で、ペテルブルグへ向かいました。

翌々日のペテルブルグでは、ブラジル対コスタリカ戦があることもあり、機内はほぼ満席。

そのアエロフロート航空(モスクワ→ペテルブルグ)のビジネスクラス搭乗レビューです。

機材はエアバスA321

機材はエアバスのA321。

座席の広さは特に感じませんでしたけど、フカフカで、座り心地は悪くはなかったです。

ビジネスクラスは16席で、こちらも満席。

座席にモニターは付いていません。

電源もあります。

それ程、広くもないシートピッチ。

約1時間半の国内線のフライトなので、まーこんなもんかと。

着席してすぐ、美人で感じの良いCAさんがドリンクのオーダーを取りにきました。

喉から空だったので、スパークリングミネラルウォーターを。

美味しい機内食はW杯モード

ドリンクと一緒に、機内食のメニューを渡されました。

必要なサービスにチェックを入れて、CAさんに戻します。

私は一応、夜も遅かったので少しでも糖質オフにしようと、パンは遠慮しておきました。

機内食もW杯モードでした(アイスだけ)。

ドリンクはミネラルウォーターだけにして、コーヒーは止めておきました。

アヒルのヒレ肉、アヒルのパテとクラッカー、ナスのサラダのタルト、オリーブなどの前菜。

アヒルの肉はなかなか美味しかったです。

子牛と野菜の味噌ソース添え。

この子牛の肉もかなり美味しく、かなり萎えてた心が少しだけ立直りました^^

子牛の肉の下には、野菜の他、カーシャという蕎麦の実が入ってました。

バニラアイスにW杯仕様のチョコレートと、アエロフロート航空の小さなチョコレート1つ。

ロシアのアイスは激旨です。

ちょうど食べ終わって、やっぱりコーヒー貰おうかな?と思っていたらペテルブルグに着陸態勢に入りました。

満足な約1時間半のフライト

約1時間半の国内線フライト。日本でだったら羽田ー新千歳間とか広島間くらいのプレミアクラスって感じでしょうか。

忙しなく食べた機内食でしたが、ラウンジの食事とは正反対に、全体的にとても美味しく、ぜひまた乗りたい!と満足でした。 

これで満足できてなかったら、私が可哀そう過ぎます...( ;∀;)

ちなみに、ビジネスクラスの乗客で機内食を食べていたのは約半分ほど。

夕食時を過ぎた夜の1時間半のフライトだったら、要らない人は多いですもんね。

2018年 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会観戦の旅

2018年6月18日から7月3日までの13泊15日、ロシアで行われていた2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会へ、日本戦の3戦とフランス×デンマーク戦を観戦しに、ロシアの5都市へ行ってきまし ...

続きを見る

Pick Up

1

海外旅行の際、クレジットカードが必須なことは常識です。 でも、そのクレジットカードに付帯するサービスをどれだけ知っているか、どれだけ使いこなせているかで、普通の旅行が、お得に、さらに楽しいものになりま ...

2

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます。 ですが、基本的な自分の持ち物チェックリストを作っておくと、それに沿って準備す ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合を観に行きたい。 このような動機から始まる海外観戦旅行の最初のステップは、まずそ ...

4

管理人こんにちは、クマホリ(@mi_ha_travel、@kumaholictokyo)です。 観戦・遠征旅の準備の際、普通の観光旅行とはちょっと違います。 手配フローとしては、 お目当ての試合や公演 ...

-2018サッカーロシアW杯
-,