2014年イギリス・バルセロナ旅行記 旅行記

【荷物預かり所】イギリスのバーミンガム・ニューストリート駅の Left Luggage(レフトラゲージ)にスーツケースなどを預けました

2015年8月10日

wpid-dsc_0022.jpg

2014年10月のイギリス・バルセロナ遠征旅。

ロンドンからバーミンガムに移動して、バレエとサッカー観戦した後、そのまま列車でリバプールへ移動する予定だったため、

スーツケースなどの大きな荷物は、バーミンガムのバーミンガム・ニューストリート駅の荷物預かり所「Left Luggage(レフトラゲージ)」に預けました。

この記事では、その時の様子をレビューします。

最近では無人ロッカーなども増えてきていますが、有人の荷物預け入れ所が主要空港や駅にあるのは、乗り継ぎで時間を潰す必要がある際にもとても便利です。

イギリスの主要空港や駅に17店舗展開

DSC03394

バーミンガムでは、バレエを観た後にサッカー観戦に行き、その後、列車でリバプールへ移動する予定でした。

なので、駅のトイレでバレエ鑑賞仕様の服装に着替え、バッグにサッカー用の上着とタイツなどを詰め込み、残ったスーツケースと機内持ち込み荷物を、駅のレフトラゲージに預けました。

Left Luggage

Left Luggage は、イギリスの主な空港や駅などに17店舗展開しています。

料金は6時間で£8(約¥1,500)

DSC03396

料金はスーツケースを1つ、約6時間預けて、£8(約¥1,500)でした。

預けるときには、

  1. パスポートを見せ
  2. 荷物をセキュリティ検査(X線検査機)に通して
  3. 会計をして
  4. レシートを受け取り

手続き終了しました。

バッテリーなどは預け入れ不可と言われました。

閉店時間に注意

DSC03393

開店と閉店時間は、店舗によって若干違っていたりするので、利用する際にはその辺は事前に要チェックです。

サッカー観戦が夜の試合で、スタジアムの最寄り駅も数駅離れていたので、閉店時間に間に合うかどうか気になっていましたが、何とか間に合うことができました。

バーミンガム・ニューストリート駅付近(おまけ)

DSC03349

バーミンガム・ニューストリート駅は長期のリニューアル中で、至る所に工事の柱が組まれていて、どこがどこだかさっぱり把握できず、本当に苦労しました。

DSC03343

頼りにしていた駅のビジターセンターも閉鎖中で使えず…。

グーグル先生と一緒だったんですが、やはり駅付近一帯が工事中ということもあってか、Googleマップがほとんど機能せず。

DSC03344

何人かに聞いても、分かり易そうに答えてくれるけど、その通り歩いてみたら、また元の場所に戻ってしまうというのを数回繰り返し。

DSC03346

忙しなく通り抜けた初めてのバーミンガム。

デュラン・デュラン、ELO、オジー・オズボーン、オーシャン・カラー・シーン、ジューダス・プリースト、ブラック・サバス等が生まれたイギリス第2の都市。

ゆっくり歩き回ったら、実はもっと楽しそうな感じがした街でした。

バーミンガムのホテルを探す

1.ホテルの相場、空き状況、部屋の様子などを確認します。

2.ホテル予約サイトに入り、使える割引やポイントを考慮しながらホテル宿泊費等の目途をつけます。

Pick Up

1

推しを観に、応援しに国内・海外遠征旅を何度もする遠征オタ旅。 現地の美味しいものや街歩きを楽しみながら、現地の老舗ホテル ...

2

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

3

海外旅行に行く際、万が一のために、海外のバカ高い医療費などの補償をカバーするために必ず入っておくのが海外旅行保険です。 ...

-2014年イギリス・バルセロナ旅行記, 旅行記
-,