K+K ホテル・ジョージ(K+K Hotel George)ロンドン 宿泊記 2014年



ロンドン2番目のホテルはアールズコート駅近にあるK+K Hotel Georgeです。

リバプールからロンドン・ユーストン駅へ着いて、急いでピカデリーラインへ移動してアールズコート駅へ。ピカデリーラインが超~スムースで助かったー。

アールズコート駅に近い朝食が美味しいホテル

DSC03610

そして、グーグル先生と一緒にキョロキョロしていたらなんか着いてしまった、という程近くにありました。

DSC03611

駅の左手に出て、少し歩いたと思った辺りで、

DSC03607DSC03606

ここら辺で左に入ります。

DSC03604DSC03602

そのままもう少し歩いて真っすぐ進むと、

DSC03603

ホテル正面に出ました。

 

時間帯によってはフロントがもの凄く混む

DSC03600

日本のツアーにも使われている老舗のホテルで、特に朝食メニューのラインナップの評判が良いみたいです。

私は翌日、ヒースローへ行くのにピカデリーラインで一本というアクセスの良さで、前に泊まったグロスターロード駅近くのミレニアム・ベイリーズ・ホテルに引き続き、このアールズコート・ケンジントン付近のホテルに興味あったんです。

DSC03553

チェックインはなかなか丁寧過ぎたのか、先客が数人いたせいか少し時間がかかりました。
老舗で施設が古めのせいか、エレベーターも小さく、遅いので、その辺、朝や夕方等の混み合う時間は余裕が必要かも。

 

クラッシック・ツインルーム

DSC03552

でっかいルームキーの緑の部分をドアノブの下の緑の部分にかざすとドアが開くタイプ。

DSC03554

お部屋はクラッシックツインルームのシングルユースで返金不可という一番下のお値段で、エクスペディアで予約しました。

DSC03556

こちらのホテルでは、どのパッケージの、どのお部屋にも自動的に朝食が付きます。

DSC03557

お部屋の広さは一人だったら十分広くて快適でした。

DSC03560

でも、ちょっと古い施設のせいかコンセントの数は少いので、2人で泊まる場合はたこ足電源タップを持ってきた方が良いですね。

 

ツインベッド

DSC03564

ベッドの寝心地は普通です。

DSC03563DSC03569

セイフティボックス、グラス、ティーセット、冷蔵庫。

DSC03572

スリッパはありましたが、ガウンはありません。

 

バスルーム

DSC03574

部屋の広さに比べて、バスルームはとてもコンパクトですが、バスタブがあります。

DSC03575DSC03576

古めの施設ですけど、シャワーは可動式で水圧も問題なし。

DSC03577DSC03578

アメニティは香りが強めのオリジナルで、シャワージェル、ボディクリーム、リンスインシャンプー、固形石鹸、シャワーキャップ等。 とくに自然派とか、お肌に優しいとか、質にこだわってるとかいうことがない普通レベルです。

 

窓から見える中庭

DSC03599

窓からの風景。

夏の季節は、このお庭に出て朝食を食べることもできるそうです。

 

朝食

DSC03581

1階の朝食用レストランへ行って、部屋番号をチェックしてもらってから、席に案内してもらいます。

DSC03582

評判の朝食ビュッフェメニューはサラダ、フルーツ、スクランブルエッグ、ポーチドエッグ、ソーセージ、ベーコン、ハム各種、チーズ各種、ハッシュドポテト、トマトビーンズ、シリアル各種、

DSC03583

スープ、パン各種、

DSC03584

ペストリー各種、

DSC03585

サーモン各種、あと何かあったっけかなー!?というほどラインナップ豊富です。

DSC03594

日本のツアーもよく利用しているホテルなので、日本人率は割と高いです。

wpid-dsc_0062.jpg

これだけでお腹一杯ですがー、ついつい何回も取りに行って、食べきれないほど食べてしまいます。。。爆

コーヒーや紅茶はカップが空く前に、ちゃんとホールスタッフが来てサーブしてくれます。

DSC03595

最後にヨーグルトをデザートにコーヒータイム。

DSC03549

ロンドン中心地やヒースローにもアクセスが良い駅近でバスタブ付きの広めのお部屋で、ラインナップ豊富なメニューがそろってる朝食付きのホテル。

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 273 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください