ザ・ブルームズベリー・ホテル The Bloomsbury Hotel(ロンドン)宿泊記 2014年



DSC04533

旅程9日目、バルセロナからロンドンへ戻ってきてのホテルは、お気に入りステイエリアの大英博物館付近にある、今のところ一番大好きなホテルの一つでもあるザ・ブルームズベリー・ホテル(The Bloomsbury Hotel)にしました。

DSC04686 DSC04455

ロンドンではここブルームズベリーや、ケンジントン、メリルボン等にもホテルをもつザ・ドイルコレクション(The Dyle Collection)というブティックホテルグループのホテルで、

DSC04459

とてもオサレですが、とてもシックで落ち着いていて、昔から大好きなんです!

DSC04457

一時、もう少しお高いブティックホテルチェーンである Firmdale Hotels の傘下に入っていたことがあってか(確か。。。)、ちょっと遠のいてたんですが、この度、んー十年ぶりにリピ♪

DSC04453

お部屋はスタンダードルームで、ダブルベッド使用のシングルルーム、朝食無しという一番お安いタイプ。

DSC04378

ここら辺のトッテナムコートロード~大英博物館~ラッセルスクエア当たりのホテルやB&Bのお部屋は、比較的狭いのがデフォなので、それはもう覚悟の上です。

それでもステイしたいのがここら辺www

DSC04536 DSC04538

狭いお部屋だけど、趣味良く、シックにまとめられてます。

DSC04539

でも、このベッドが最高で、お風呂なしで寝入ってしまったのに、グッスリと深く眠れて、翌朝はスッキリ!

ホント、ベッドって大事なんですよねー。

DSC04377DSC04379

がー、しかし、バスタブ付きのお部屋をお願いしたんですけどね。。。

チェックインした時間が21時近かったせいか、スタンダードルームでは開いてなかったらしく、「それでもとても使いやすいお勧めの部屋よ。」とか何とか言われて、シャワーのみのお部屋になってしまいました。。。(´Д⊂グスン

まー、結果、疲れ切っていて、すぐに寝入ってしまったので良かったのですが。。。ってことで。

DSC04382

老舗のホテルで部分的に改装されているので、ところどころ古さを感じなくもないんですけど、今どきの浅いモダンなデザインより、このタイプの広くて深めの洗面ボウルの方が使いやすくて良いんです。

DSC04380

シャワーは固定式。

DSC04383 DSC04384

アメニティーはアロマセラピーアソシエイツ(^^♪

とてもナチュラルでスッキリしたアロマな香りのラインで全体的に好きなブランドなんですけど、ここのシャンプーでは私の髪は少しきしんでしまうので、コンディショナーがいつもの2倍以上必要なんですよねー。

でも、ボディローションとソープは大好きだから良いかっ♪

DSC04388

クローゼットの中にガウン、スリッパ、アイロンセット、セイフティボックス。

DSC04385

開けて、中のドリンクを動かすと課金されるタイプの冷蔵庫。
なんで、スーパーで買う大きなミネラルウォーターのボトルが入れられないのは、真夏はちょっと辛いかもね。

DSC04386

ここにあるミネラルウォーター2本は無料。
ネスプレッソがあったけど、3杯分だけ。。。

DSC04387 DSC04409

ティーセット一式。

DSC04406

ベッドの脇にあったリンツのチョコ2つに癒された。

DSC04413

疲れ切って外に行くのが面倒だったので、夜食はTVを観ながらリバプールのヴァージントレインのラウンジで頂いてたポリッジを食べおきましたw

DSC04397

お部屋でも無料Wifiがサクサクつながって凄ーく便利でした。

日本からレンタルWifiルーター持ってきたんですけどねー、ホテルにいるときはそのホテルのWifiを使う方が何かと便利だったりしますよね。

 

ザ ブルームズベリー ホテル(The Bloomsbury Hotel)

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 294 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA