海外旅行でサクサクとネット接続



海外旅行時にネットにサクサク繋がる方法

wpid-wp-1438990904558.jpeg

旅行先からメールや画像を送ることはもちろん、インスタグラム、Twitter、Facebook、ブログなどを投稿したり、現地の人気カフェやレストランを探したり、目的地までの道順を検索したり、万が一の場合の連絡手段としてなど、今や海外に出ても常にネット環境に繋がっていないととても不便です。

そんな海外でのネット接続については、今のところ以下の選択肢になるのかなー、とちょっとまとめてみました。

  1. 宿泊先のWi-Fiサービスを使う
  2. 空港や街中にある無料サービスを使う
  3. 海外専用の Wi-Fi ルーターを日本でレンタルする
  4. プリペイドWi-Fiを現地で購入する
  5. キャリアの海外パケットを使う
  6. SIMカードを現地で購入する
  7. SIMカードを日本で事前購入する

 

1. 宿泊先のWi-Fiサービスを使う

滞在先のホテルで提供している無料・有料のWi-Fiを使ったり、ロビーに据え置きの無料PCを使うという方法があります。

今時、ある程度のホテル(ビジネスクラス以上)は、部屋を含むホテル施設内で無料Wi-Fiが提供されているとは思います。イギリスの小さいB&Bでも無料なところがほとんどです。

でも、国やホテルによっては、部屋では有料Wi-Fiのみだけど、ロビーや朝食会場など共有エリアでは無料Wi-Fiを提供しているというところもあるので、予約する際にネット環境に対応したホテルや部屋かどうかをちゃんとチェックする必要があります。

チェックインのときにフロントでネット接続用の ID と パスワード を貰ったり、部屋にID と パスワードが貼られていたりします。

ただ、時間制限があったり、時間帯によってネットが繋がり難いなど不安定なことも多くて、ホテルのWi-Fiだけに頼るのは安心できなかったりします。

 

2. 空港や街中にある無料サービスを使う

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

空港、大きな駅やバスターミナル、美術館・博物館、観光スポット、レストラン、カフェ、ファストフードなどでも無料Wi-Fiが使えるところが多いです。

ですが、こちらの接続もとても不安定なことが多く、まともに使えるまであれこれ個人情報を入力しなければいけなかったり、繋がる時間も1日30分までとかとても少なかったり、こちらもそれ程頼りにはならないと思っておいた方が良いと思います。

 

3.海外専用の Wi-Fi ルーターをレンタルする

wpid-dsc_0173.jpg

お手軽なので、個人的には一番お勧めです。

  • ホテル以外でも思い切りline、Twitter、インスタ、Facebookなどをしたい
  • 安定したネット接続で目的地の地図や交通手段をちゃんとチェックしたい
  • 電車で移動中もカフェや海辺でも使いたい
  • ホテルではスマホ、タブレット、ノートパソコンなど複数台使いしたい
  • SIMフリーのスマホではないからSIMカードが使えない
  • 海外用SIMカードを自分で用意して差し替えるのが面倒
  • 日本語で事前に手続きして安心したい

という人向けではないでしょうか。

DSC04766

ルーターと充電器のセットになるので少し荷物になるのが難点ですけど、現地で歩き回る時はポケットやポーチに軽く入るルーターだけでOKだし、これまで試合中のサッカースタジアムで繋がりがとても悪かったり、中国でVPNに接続しても殆ど使えなかった以外、どこででも問題なくスムースに繋がってます。

いつも事前にネットから申し込んでいますが、当日、空港のカウンターでも申し込みできます。

海外Wi-Fiルーターレンタルをチェックする
  

 

4.プリペイドWi-Fiを現地で購入する

数日のみとか短期間の滞在であれば、空港や現地スーパーなども売ってるプリペイドWi-Fiでも十分かもしれません。

プリペイドWi-Fiを販売しているお店を探して購入するまでの間、キャリアの海外パケットを使うとかすれば、海外用Wi-Fiルーターをレンタルしなくても、SIMカードを使わずとも、快適なネット接続ができるかと思います。

 

5.大手キャリアの海外パケット定額を使う

大手キャリアで提供している海外パケット定額を使うのも、旅行期間や旅行先によっては一番面倒がなくて、意外と一番お得だったりすることもあるので、この辺も要チェックです。

海外Wi-Fiルーターセットを持ち歩かなくていいし、SIMカードを用意して差し替える手間と面倒がないのも大きなポイントですよね。

あと、中国に行く場合、中国ではWi-Fi経由だとVPN接続しないとTwitterやFBは使えないと言われてますが、実際、私が上海に行ったときはVPN経由でもほとんど繋がらなく、大手キャリアの海外パケット定額を利用していた友人はサクサク問題なくTwitterやFBにも繋がっていました。

  • ドコモ:海外パケホーダイ等
  •  au:海外ダブル定額、世界データ定額等
  • ソフトバンク:海外パケットし放題等

あと、期間限定の海外データ定額サービスもあったりするので、本当に大手キャリアのサービスは侮れないです。

例えばauユーザー向けだと、世界データ定額(980円/24時間、中国でもそのまま普通に使える)という対象国で日本にいるときのように海外でデータ通信ができるサービスが期間限定で提供されてます。

以下の注意が必要だったりもするそうです。

  • 事前にデータチャージというオプション(無料)の加入が必要
  • 日本でアプリ取得時に使える状態になってるか要確認
  • 加入してなければショップかサポートで申し込み必要

 

6.現地用SIMカードを購入して差し替える

スマホがSIMフリーな場合、基本的には現地用のSIMカードに差し替えてネット接続するのが一番お得です。

(1)Amazonで現地用SIMカードを事前購入する

Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】

SIMフリーなスマホだったら、SIMカードをAmazonで事前購入する方が、例えばイギリス含む全420ヵ国対応、3GBデータ通信(デザリング利用OK)、90日間有効→2,760円と、ポケットWi-Fiルーターのレンタルや現地でSIMカードを購入するよりも断然お安いです。

日本で事前に購入しておいた方が、現地でSIMを売ってる店を探したりする時間も節約できますし。でも、SIMフリーだからといって絶対つながるとも限らないので、その端末がつかめる電波の種類とSIMの電波の種類をちゃんと確認するのが必要だったりします。

(2)現地の空港、スーパー、ショッピングモールなどで購入する

現地でSIMカードを売っているお店や自動販売機の場所を知っていたり、探す時間的余裕がある人には良いと思いますが、時間ギリギリだったり、同行者がいたり、空港で大荷物を持ってあまりウロウロしたくない時などはちょっと不向きかと思います。

海外Wi-Fiルーターレンタルをチェックする
  

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 294 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA