マリオットボンヴォイアメックスのプレミアムと一般カードの2券種を徹底比較解説!高級ホテル好き・マイルを貯める人におすすめのクレジットカード

国内・海外旅行で高級ホテルに泊まりたい人。

特にザ・リッツ・カールトン、セントレジス、ウェスティン、シェラトンなどのマリオット系列ホテルが好きな人。

ホテル宿泊や普段の買い物で貯めたポイントをお得にマイルに移行させたい人。

そんな人におすすめなのが、マリオット・インターナショナルアメリカン・エキスプレスとの提携クレジットカード、マリオットボンヴォイ・アメックスです。

これまでのSPGアメックスのように、保有しているだけでは無料宿泊特典や海外旅行保険が付帯しません。

ですが、このカードをメインカードとして使い、国内外のマリオット系列のホテルでのステイを楽しみたい人にはメリットが大きいカードです。

この記事ではそのマリオットボンヴォイ・アメックスの2券種、

の詳細をレビューします。

 

マリオットボンヴォイのエリート会員特典

マリオットボンヴォイとは、世界最大級のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルの会員プログラムです。

会員プログラムはエリート会員ごとに特典が付与されます。

エリート会員の有効期限は3月〜翌年2月末までの1年間。

以下に各会員ごとに付与される特典をまとめました。

シルバーエリート

  • 年間宿泊日数:10~24泊
  • レストラン割引:15%
  • 滞在毎のポイントボーナス:10%
  • 優先レイトチェックアウト

ゴールドエリート

  • 年間宿泊日数:25~49泊
  • レストラン割引:20%
  • 滞在毎のポイントボーナス:25%
  • レイトチェックアウト:14:00
  • ウェルカムギフト:250または500ポイント
  • 客室アップグレード

プラチナエリート

  • 年間宿泊日数:50~74泊
  • レストラン割引:20%
  • 滞在毎のポイントボーナス:50%
  • レイトチェックアウト:16:00
  • ウェルカムギフト:ポイントまたは朝食またはアメニティ
  • 客室アップグレード(一部スイートを含む)
  • ラウンジアクセス
  • 年間チョイス特典

チタンエリート)

  • 年間宿泊日数:75泊以上
  • レストラン割引:20%
  • 滞在毎のポイントボーナス:75%
  • レイトチェックアウト:16:00
  • ウェルカムギフト:ポイントまたは朝食またはアメニティ
  • 客室アップグレード(一部スイートを含む)
  • ラウンジアクセス
  • 年間チョイス特典
  • 48時間前予約保証

アンバサダーエリート

  • 年間宿泊日数:100泊以上かつ年間利用金額US$20,000
  • レストラン割引:20%
  • 滞在毎のポイントボーナス:75%
  • レイトチェックアウト:16:00
  • ウェルカムギフト:ポイントまたは朝食またはアメニティ
  • 客室アップグレード(一部スイートを含む)
  • ラウンジアクセス
  • 年間チョイス特典
  • 48時間前予約保証
  • アンバサダーサービス
  • Your24

これらの特典をみても、最低でもゴールドエリート会員、できればプラチナエリート会員の資格があった方が、マリオット系列ホテルでのホテルステイを十分に堪能できるかなと。

マリオットボンヴォイ・アメックスは2券種

マリオットボンヴォイ・アメックスは以下の2券種展開。

これまでのSPGアメックスから自動移行になるのはプレミアムカードのアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード(スタンダードカード)

  • シルバーエリートが自動付与
  • 年間100万円以上のカード利用でゴールドエリート

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(プレミアムカード)

  • ゴールドエリートが自動付与
  • 年間400万円以上のカード利用でプラチナエリート

スタンダードカードには、マリオットボンヴォイのシルバーエリート会員資格が自動付与され、年間100万円以上のカード利用でゴールドエリート会員資格が付与されます。

プレミアムカードには、マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格が自動付与され、年間400万円以上のカード利用で不埒なエリート会員資格が付与されます。

マリオットボンヴォイ・アメックス・カード

マリオットボンヴォイ・アメックスのスタンダードカードであるマリオットボンヴォイ・アメックス・カード

こちらはマリオットボンヴォイのお試し的サービスが付与されたカードで、年会費もプレミアムカードと比べ、お安くなっています。

その分、ホテル無料宿泊特典は条件付き、海外旅行保険も利用付帯です。

なので、年間100万円以上利用するかがこのカードの良さを十分享受できるボーダーラインになるかと。

マリオットボンヴォイ・アメックス・カードの概要

カードサービス
年会費         23,100円(税込)
家族カード  1枚目無料、2枚目以降11,550円(税込)/枚
ボーナスポイント 100円=2ポイント
継続特典  5宿泊実績
無料宿泊特典 150万円以上の利用で1泊35,000ポイントまで
エリート会員 シルバーエリート
1年間の利用金額100万円以上でゴールドエリート
プロパティクレジット 100米ドルのプロパティクレジット
トラベルサービス
空港ラウンジ       国内28、海外1の空港ラウンジ
手荷物無料宅配 帰国時スーツケース1個無料配送(成田、中部、中国)
空港クロークサービス 荷物預かり無料(中部)
各種プロテクション
海外旅行傷害保険     障害死亡・後遺症保険金最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピングプロテクション 1名年間最高200万円まで補償
オンライン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
リターン・プロテクション 
スマートフォン・プロテクション 

マリオットボンヴォイ・アメックス・カードのメリット・デメリット

メリット

  • 年会費がプレミアムカードより安い
  • 家族カード1枚目の年会費無料
  • 5泊の宿泊実績
  • 2連泊で100米ドルのプロパティクレジット

そのほか、このカードにはマリオットボンヴォイのシルバーエリート会員資格が自動付与されますが、その特典のお得さを考えると渋い内容かなと。

デメリット

  • 無料宿泊特典は年間150万円のカード利用が条件
  • 海外旅行保険が自動付帯でなく利用付帯

ホテル系クレジットカードの特典の特徴である無料宿泊特典と海外旅行保険が、条件付きになっています。

このカードをただ保有しているだけでなく、ちゃんと日常で最低限度額まで使いこなさないと、その特典も享受できないシステムです。

メインカードとしてある程度使っていれば、特に問題なく無料宿泊特典と海外旅行保険も利用できますね。

 

マリオットボンヴォイ・アメリカン・エキスプレス・カード公式はこちら>>

 

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカード

これまでのSPGアメックス保有者が自動的にスライドするのがマリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードです。

年会費は高くなりましたが、プラチナエリート会員になる方法が増えたり、家族カードが1枚無料になりました。

これらの点からも、マリオットボンヴォイアメックスのヘビーユーザーに特化したサービス内容にシフトしたのかかと。

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードの概要

カードサービス
年会費         49,500円(税込)
家族カード  1枚目無料、2枚目以降24,750円(税込)/枚
ボーナスポイント 100円=3ポイント
継続特典  15宿泊実績
無料宿泊特典 150万円以上の利用で1泊50,000ポイントまで
エリート会員 ゴールドエリート
1年間の利用金額400万円以上でプラチナエリート
プロパティクレジット 100米ドルのプロパティクレジット
トラベルサービス
空港ラウンジ       国内28、海外1の空港ラウンジ
手荷物無料宅配 帰国時スーツケース1個無料配送(羽田、成田、中部、中国)
空港クロークサービス 荷物預かり無料(中部)
各種プロテクション
海外旅行傷害保険     障害死亡・後遺症保険金最高1億円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯)
ショッピングプロテクション 1名年間最高500万円まで補償
オンライン・プロテクション
キャンセル・プロテクション 10万円まで補償(年間最高)
リターン・プロテクション  1商品につき最高30,000円相当額まで補償
スマートフォン・プロテクション  修理代金最大30,000万円まで補償

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードのメリット・デメリット

メリット

  • 400万円利用でプラチナが獲得
  • 家族カード1枚目の年会費無料
  • 15泊の宿泊実績にアップ
  • 2連泊で100米ドルのプロパティクレジット
  • 手荷物無料宅配サービスに羽田空港が追加
  • スマートフォン・プロテクションが追加

プラチナエリート会員になる方法が、これまでの宿泊実績が50泊以上や裏技の非公開プログラムであるプラチナチャレンジのほか、年間400万円以上のカード利用が追加されました。

また、家族カードはこれまで1枚17,050円(税込)でしたが、1枚目まで無料(2枚目以降1枚24,750円)になり、メインカードとしてよりカードを使う人・家族に優位になりました。

デメリット

  • 年会費が高いのにプライオリティパスが付かない
  • 無料宿泊特典は年間150万円のカード利用が条件
  • 海外旅行保険が自動付帯でなく利用付帯

年会費が高い割りに、世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが付いていないのはどうかと。

また、無料宿泊特典が無条件で付与されるのではなく、最低決済額が条件に付いていることもはマイナスポイント。

ただこちらのプレミアムカードも、メインカードとして日常使いしていれば、無料宿泊特典と海外旅行保険付与の条件はクリアできるかと。

 

マリオットボンヴォイ・プレミアム・カード公式はこちら>>

 

マリオットボンヴォイ・アメックスの無料宿泊特典

マリオットボンヴォイ・アメックス大きな魅力の一つが、カードの更新時に下記の条件付きで付与される無料の宿泊特典です。

マリオットボンヴォイ・アメックスを年間150万円以上利用で、

  • スタンダードカード:35,000ポイントまでで泊まれるホテル
  • プレミアムカード:50,000ポイントまでで泊まれるホテル

プレミアムカードで50,000ポイント分の無料宿泊特典がもらえれば、オフピークのザ・リッツ・カールトン大阪やザ・リッツ・カールトン日光などの40,000円~70,000円の部屋にも泊まれます!

この無料宿泊特典についてはこちらの記事で詳しく書いていますので、ぜひ、ご一読ください。

 

マリオットボンヴォイ・アメックスの海外旅行保険

  プレミアムカード スタンダードカード
障害死亡・後遺障害保険金 1億円 3,000万円
障害・疾病治療費用保険金 300万円 100万円
賠償責任保険金 4,000万円 3,000万円
携帯品損害保険金 50万円 30万円
救援者費用保険金 400万円 200万円
乗継遅延費用 1回につき最高2万円
出航遅延/欠航/搭乗不能費用 1回につき最高2万円
受託手荷物遅延費用 1回につき最高2万円
受託手荷物紛失費用 1回につき最高4万円

マリオットボンヴォイ・アメックスの2券種に付帯する海外旅行保険は利用付帯です。

利用付帯とは、海外旅行の航空券、ツアー代金、現地交通費などをクレジットカード払いにした場合のみ適用になる保険です。

保険が適用になる旅行代金の支払いには条件があります。

<海外旅行の場合>

  • 旅行前に日本国内にてカード決済された、日本出入国のために時刻表に基づいて運航される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金
  • 日本国内でのカード決済がない場合、出国後に海外で時刻表に基づいて運行される公共交通乗用具のチケットの料金

<国内旅行の場合>

  • 宿泊旅行の目的で、自宅を出発される前にホテル/旅館などの宿泊施設への予約を行った場合が対象。
  • 日帰り旅行や宿泊施設に事前予約をしていない場合でも、カードで公共交通乗用具のチケットを購入した場合、搭乗中の事故については補償の対象。

海外旅行保険が利用付帯であっても、マリオットボンヴォイ・アメックスをメインカードとして使うのであれば問題ないですね。

マリオットポイントの貯め方

dsc07429

マリオットポイントは、日々の生活でのカード利用で2%(スタンダードカード)、3%(プレミアムカード)還元されるほか、マリオット系列ホテルの宿泊で4%(スタンダードカード)6%(プレミアムカード)の還元になります。

入会時のボーナスポイントも高く、ほぼ年会費をカバーしてしまうほど。

そのほか、セール価格でポイントを購入することもできます。

マリオット系列ホテルでの利用

dsc07074

マリオット系列ホテルでのカード利用で、プレミアムカードが100円利用につき6ポイントスタンダードカードが100円利用につき4ポイント貯まります。

また、日々のカード利用で、プレミアムカードが100円利用につき3ポイントスタンダードカードが100円利用につき2ポイント貯まります。

プレミアムカード(49,500円税込)で、400万円利用して120,000ポイント。

スタンダードカード(23,100円税込)で、150万円利用して30,000ポイント。

かなり効率良くポイントが貯まることがわかります。

入会時のボーナスポイントがデカい

マリオットボンヴォイ・アメックスでポイントを大きく貯められるチャンスが、入会時のボーナスポイントです。

スタンダードカードの新規入会特典 通常入会
入会後3ヶ月以内に30万円利用 10,000ボーナスポイント
30万円利用で獲得できる通常利用ポイント   6,000ポイント
入会後3ヶ月以内の30万円利用で合計獲得ポイント 16,000ポイント
プレミアムカードの新規入会特典 通常入会
入会後3ヶ月以内に30万円利用 30,000ボーナスポイント
30万円利用で獲得できる通常利用ポイント   9,000ポイント
入会後3ヶ月以内の30万円利用で合計獲得ポイント 39,000ポイント

プレミアムカードの場合、入会してから3ヶ月以内に、30万円以上のカード利用で、合計39,000ポイントがもらえます。

マリオットボンヴォイ公式HPのポイント購入での36,000ポイントは$450。

これを2022年4月11日現在のTTSレートで日本円にすると、約¥56,250になります。

年会費は¥49,500(税込)とお高いのですが、このボーナスポイントと通常ポイントで軽くカバーされるかと!

ポイントはお得に購入することも可能

実際、旅行や普段の生活の支払いで貯まったポイントを、ホテル宿泊やマイルへ移行やその他の特典と交換する際、少しポイントが足りな―ことってないですか?

そんな時は、マリオットボンヴォイのポイントを、マリオットボンヴォイの公式HPで購入します。

このポイントは、マリオットアメックス保持者以外の人も購入することが出来ます。

ポイントは貯めるだけじゃなくて、買うこともできます!

管理人

ポイントがマリオットボンヴォイ公式サイトから買えるのは本当に便利です。

さらに、たまに(年に4回位?)通常よりまとまったポイントをセール価格で購入できる機会もあるんです。

その移行したマイルは、国内線の特典航空券で使うより国際線の特典航空券を取る方が、各クラスの航空券の正規価格と比べると、価値は7~8倍以上に上がります。

海外旅行前、この割引キャンペーンを利用してポイントを購入するとお得になりますね。

マリオットポイントの使い方

dsc07163

普段の買い物やホテル宿泊などで貯めたマリオットポイントの交換先は以下のとおりです。

  • ホテル宿泊
  • 客室のアップグレード
  • レストラン利用
  • レンタカー利用
  • 家族や友人に譲渡
  • 40社以上のマイルへ交換
  • Amazonギフト券など

その中でもポイントの海外旅行好きにおすすめな使い方は、ホテル宿泊に利用することと、航空会社のマイルに交換することです。

ポイントでホテル宿泊も利用可能

ザ・リッツ・カールトン リッツ・カールトン・リザーブ
セントレジス JWマリオット
ラグジュアリーコレクション Wホテル
エディション マリオット
シェラトン マリオット・バケーション・クラブ
デルタ ルメリディアン
ウェスティン ルネッサンス
ゲイロード コートヤード・バイ・マリオット
フォーポイント スプリングヒル・スイート
プロテア フェアフィールド・イン&スイート
ACホテル アロフト
モクシー マリオット • エグゼクティブ • アパートメント
レジデンス・イン タウンプレース・スイート
エレメント オートグラフ コレクション
デザインホテル トリビュートポートフォリオ

マリオット・インターナショナルは、上の表にあるとおり、ザ・リッツ・カールトン、ラグジュアリーコレクション、セントレジス、ウェスティン、シェラトン、マリオットなどの高級ホテルを擁する世界最大のホテルグループです。

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードでこれらのマリオット系ホテルに宿泊すると、利用金額¥100につき6ポイント(通常3ポイント)付き、25%もの滞在ボーナスポイントが付与されます。

遠征旅行の5日間、マリオット系列ホテルに宿泊するだけで、ちょっとしたポイントが稼げてしまうのです。

そのポイントをマリオット系列ホテル宿泊に利用すると、特にピーク時、より高いカテゴリーの高級ホテルを利用するほど、そのポイント還元率はマイルに移行した時以上の高い還元率になります。

さらに、ポイントを利用してマリオット系ホテルの宿泊した場合、4泊に付き1泊(5泊目)が無料になるんです!

1ヵ所に連泊することが多い大人女子の遠征旅にピッタリ(^^♪

管理人

また、客室をアップグレードしたいときにその差額分をポイントで支払ったり、キャッシュ&ポイントで宿泊代を支払うというポイントの便利な使い方もあります。

ポイントは40社以上のマイルにも交換可能

また、貯めたマリオットポイントの交換先の一つとして海外旅行好きに人気なのが、以下の40以上もの数の航空会社のマイルへ移行することができる点です。

なので、JALマイルANAマイルの両方を貯めている人にもぴったりなカードです。

エーゲ航空 海南航空
アエロフロート ボーナス ハワイアン航空 HawaiianMiles®
エアロメヒコ クラブプレミエ Iberia Plus
エアカナダ アエロプラン 日本航空 (JAL) マイレージバンク
エアチャイナ フェニックスマイル ジェットエアウェイズ Jet Airways JetPrivilege®
エールフランス/KLM フライングブルー ジェットブルー航空TrueBlue™
ニュージーランド航空Airpoints™ 大韓航空スカイパス
アラスカ航空 Mileage Plan® LATAM航空 LATAMPASS
アリタリア航空ミッレミリア ルフトハンザ Miles & More
ANAマイレージクラブ Multiplus
アメリカン航空 カンタス フリークエントフライヤー
アシアナ航空アシアナクラブ カタール航空プリビレッジクラブ
アビアンカ航空 LifeMiles サウディア航空
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club シンガポール航空クリスフライヤー
アジアマイル 南アフリカ航空 Voyager
中国東方航空イースタンマイルズ サウスウエスト航空 Rapid Rewards
中国南方航空 TAPポルトガル航空
コパ航空 ConnectMiles タイ国際航空
デルタスカイマイル ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
エミレーツスカイワーズ ユナイテッド航空マイレージプラス
エティハド ゲスト ヴァージンアトランティック航空Flying Club
フロンティア航空EarlyReturns® ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer

JALマイルやANAマイルへの移行はもちろん、ヨーロッパ、北米、中東、アジア、南米などの航空会社がバランスよく、幅広くカバーされてますよね。

大部分の航空会社のマイルには、大体、3ポイント=1マイルで移行できます。

そのうえ、例えばユナイテッド航空への移行キャンペーン(ボーナス10%)では3ポイント=1.35マイルで移行できたり、アメリカン航空への移行キャンペーン(ボーナス25%)では3ポイント=1.56マイルで移行することも可能。

しかも、マリオット・ボンヴォイポイントをマイルに移行する際、移行手数料はなし

年間での移行上限ポイントもなし

ただ、60,000ポイント単位で各マイルに移行すると、ボーナスマイルとして5,000マイル付与されるので、60,000ポイント毎で移行したほうが絶対良いです!

なので、60,000ポイントを移行した分の20,000マイルと、この5,000のボーナスマイルで合計25,000マイルになるので、マイル還元率は1.25%と高くなります。

そして、その貯めたポイントの有効期限ですが、ポイントを最終獲得した日、またはポイントを最終利用した日から24ヵ月延長されます。

なので、毎月最低¥100でもこのカードを利用していれば、ポイントの有効期限は無制限になるので目標を持ってポイントを貯められます。

 

カード発行前にマリオットボンヴォイの会員番号を入手

いざこのマリオットボンヴォイ・アメックスを発行する際、まずしておくべきことがあります。

マリオットボンヴォイのロイヤルティ・プログラムへの会員登録(無料)

カード発行手続きの際、マリオットボンヴォイの会員番号が必要になるからです。

マリオットボンヴォイ会員登録手順1:手続きは公式HPから

マリオットボンヴォイのロイヤルティ・プログラムへの入会手続きは、公式HPから行います。

この会員登録は無料。

そうなんです、ただマリオットボンヴォイのポイントを貯めるだけならば、無料で済ませることも。

まず、右上の「サインインまたは入会する」のタブを開きます。

マリオットボンヴォイ会員登録手順2:個人情報の登録

次のページの右側の「Marriott Bonvoyにご入会ください」の一番下の「今すぐ登録」を開いて、パスワードや個人情報を登録します。

マリオットボンヴォイ会員登録手順3:入力は半角英数で

ここでの注意点は、半角英数、ローマ字入力することです。

日本語で入力することもできますが、海外のホテルを利用する際にバグを発生させてしまうこともあり、トラブルにつながることがあるということから。

無事に会員登録が完了したら、PCサイトやスマホのアプリの「マイページ」から会員番号が確認可能。

また、登録したメールアドレスに来る登録完了メールにも、会員番号が記載されています。

マリオットボンヴォイ会員登録手順のまとめ

  • マリオットボンヴォイ・アメックス発行申請前にマリオットボンヴォイ会員番号を取得する
  • 個人情報は半角英数で入力する
  • 会員番号はPCサイトやスマホの「マイページ」から確認可能
  • 会員登録完了メールにも会員番号は記載

マリオットボンヴォイ・アメックスのまとめ

国内外の旅行時のほか、日常生活でメインカードとして使いこなせれば、マリオットボンヴォイの会員ステータスもアップし、海外旅行保険も付与されるマリオットボンヴォイ・アメックス。

マリオットボンヴォイ・アメックス

こんな人におすすめ

  • マリオットは好きだけどたまにしか泊らない人
  • 家族カードを発行する人
  • ANAやJALなどのマイルを貯めている人
  • カード決済額が年間150万円以上の人
  • 年会費を抑えてゴールドエリート会員になりたい人

まとめ

  • 年会費23,100円(税込)
  • 150万円利用でゴールドエリート会員待遇
  • 条件付きで無料宿泊獲得(35,000ポイント分)

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカード

こんな人におすすめ

  • ゴールドエリート会員資格が欲しい人
  • 家族カードを発行する人
  • ANAやJALなどのマイルを貯めている人
  • カード決済額が年間400万円以上の人
  • プラチナエリート会員になりたい人
  • マリオット系列ホテルのステイをとことん楽しみたい人

まとめ

  • 年会費49,500円(税込)
  • 400万円利用でプラチナエリート会員待遇
  • 条件付きで無料宿泊獲得(50,000ポイント分)

国内・海外旅行で高級ホテルに泊まりたい人。

特にザ・リッツ・カールトン、セントレジス、ウェスティン、シェラトンなどのマリオット系列ホテルが好きな人。

ホテル宿泊や普段の買い物で貯めたポイントをお得にマイルに移行させたい人。

これらの人におすすめですが、正直、年間にどのくらいカードで決済するか、そしてどのくらいマリオットボンヴォイのサービスを利用したいかによります。

マリオットボンヴォイ・プレミアム・カード公式はこちら>>

 

 

アメックスの補償内容解説!コロナ禍での旅行やイベントなどのキャンセル費用を期間限定で補償!

以前、新型コロナウイルス拡大の影響で、海外観戦できなくなった際の、試合や公演のチケットの返金の可否についての記事を書きました。 新型コロナウイルスの影響で行けなくなった海外の試合や公演のチケットは返金 ...

続きを見る

マリオットボンヴォイ・アメックス 口コミ徹底レビュー!無料宿泊特典でザ・リッツ・カールトン日光に泊まってきました♪

ザ・リッツ・カールトン、セントレジス、ウェスティン、シェラトンなどのマリオット系列の高級ホテル宿泊でお得になる、当ブログ強力推しのクレジットカードのマリオットボンヴォイ・アメックス。 このカードの大き ...

続きを見る

海外旅行をお得に楽しむ海外一人旅・女子旅・遠征旅におすすめのクレジットカード5選!

海外旅行の際、クレジットカードが必須なことは常識です。 でも、そのクレジットカードに付帯するサービスをどれだけ知っているか、どれだけ使いこなせているかで、普通の旅行が、お得に、さらに楽しいものになりま ...

続きを見る

2022年2月24日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください