2018年平昌オリンピック

アシアナ航空101便(成田→ソウル)エコノミー搭乗記2018年

2018年9月24日

2月15日、平昌オリンピックの観戦のために、2日有休を取って成田からソウルの仁川空港へ出発しました。

予定通り少し余裕を持って成田第一ターミナルに到着し、大韓航空のKALラウンジにササっと寄って軽い朝食を。

その後、アシアナ航空101便(エコノミークラス)にて、韓国は仁川空港へ飛び立ちました。

今回はそのフライトなどのレビューです。

KALビジネスクラスラウンジ

大韓航空のラウンジには軽食しかありません。

出発前に空港ラウンジに入れるプライオリティパスは、楽天プレミアムカードに入会すると無料(無制限のタイプ)で申し込みすることができます。

できるだけ早めに空港に着いて、制限エリアに入って、ラウンジでゆっくりする!ことが、私の飛行機乗り遅れ防止策でもありますw

成田空港|KALラウンジ KAL Business Class Lounge|プライオリティパスでのラウンジ訪問記 口コミレビュー

成田空港で出国審査を抜けた後、プライオリティパスを利用して大韓航空のKALラウンジで入れる空港ラウンジがあります。 現在 ...

続きを見る

アシアナ航空101便エコノミークラス

フライトは13:20成田発、15:55ソウル仁川空港着の、お初の航空会社のアシアナ航空177便(OZ101)でした。

古めの機体でしたが、約2時間半の短いフライトだったので問題なし。

アシアナ航空の席はいつも通りの通路側。

機内はほぼ満席状態。

シートピッチ(約82.5㎝)は意外と広くて、ただそれだけでとても好印象になりました。

モニターは少し小さい感じでした。

わずか2時間半のフライトだったので、機内エンターテイメントは使いませんでした。

電源もちゃんとあり安心でした。

機内食のお味はなかなか

一時期、機内食サービスがストップしていたアシアナさん。私が乗った時期はまだちゃんと出ていました。

ですが、内容は牛丼、黒ごま豆腐、ミニワッフル、水、コチジャンソースというレガシーにしてはかなり簡素な機内食でした。

コチジャンソースは入れませんでしたが、お味は意外と美味しかったです。

食後のドリンクもちゃんと出たし、CAさん達の接客は丁寧で、特に問題もなかったので、まだ一応レガシーなのかな。

少し遅れでソウル仁川空港に到着。

空港は混んではいたけど、意外とスムースに入管を出られました。

航空券とホテルをセットで購入

今回のエアーとホテルは、ポイントがある程度貯まっていたエクスペディアを利用しました。

実際に平昌オリンピックに行ける目途がついて、このエアーとチケットを予約したのが出発5日前。

その時点で試合会場の地である江陵の宿泊地には空きはなく、ソウルという選択肢ししかなかったので、エアーとソウルのホテルのセットをいろんなサイトを比べて決めました。

ソウル泊だったら、オリンピックの時期でも、出発寸前でも、それほど高値でないセットがいろいろ選択できたので、ソウルから江陵までの足が手配できれば問題はありませんでした。

うなんです、一番の難関がソウル-江陵間の交通手段の手配だったのです。

2018年 平昌オリンピック 男子フィギュアスケート観戦の旅

平昌オリンピックとFIFAサッカーワールドカップロシアW杯が被ってしまった2018年。 どちらも行くのは準備と有休の問題 ...

続きを見る

Pick Up

海外旅行 おすすめ クレジットカード特集 1

海外旅行の際、クレジットカードが必須なことは常識です。 でも、そのクレジットカードに付帯するサービスをどれだけ知っている ...

2

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合 ...

4

管理人こんにちは、クマホリ(@mi_ha_travel、@kumaholictokyo)です。 観戦・遠征旅の準備の際、 ...

-2018年平昌オリンピック
-,