2011年イギリス

ロンドン|ナショナルギャラリー|美術館見学「レオナルド・ダ・ビンチ展」当日券でチケット売り切れの大規模企画展を観る方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロンドンには世界でも有数な美術館・博物館が多く、世界的に話題になる企画展が催されることも多いです。

ライブやサッカーを観にヨーロッパを回る私達と同じく、そのような世界規模の美術企画展を観るために、世界ツアーをする美術ファンも多いです。

今回はロンドン・ナショナル・ギャラリーで開催されていた、ミラノ宮廷時代のレオナルド・ダ・ヴィンチ展という世界的に話題になった大人気でチケット売切れの企画展を、当日券の列に並ぶことで観ることができました。

ナショナル・ギャラリーでの大人気の企画展を、前売り券が買えてなくても、あきらめず当日券をゲットして観る方法として今回の経験をまとめました。

今後のイギリス旅行の参考にして頂ければ幸いです。

ロンドン・ナショナル・ギャラリー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美術館・博物館 ナショナル・ギャラリー(The National Gallery)
最寄駅 地下鉄チャリング・クロス駅(徒歩7分)
営業時間 10:00‐18:00(月-木、土日)、10:00-21:00(金)
一般入場料 無料
企画展入場料 有料
開場 1824年
住所 Trafalgar Square, London WC2N 5DN イギリス
電話 +442077472885
URL https://www.nationalgallery.org.uk/

ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、13~19世紀の西洋美術史を体系的にたどれる驚異のコレクションを誇り、「西洋絵画の教科書」ともいわれている巨大な美術館です。

最寄りの地下鉄駅は以下の4駅ですが、一番近いのはチャリング・クロス駅です。

  • チャリング・クロス駅(ノーザン線、ベーカールー線)
  • レスター・スクエア駅(ノーザン線、ピカデリー線)
  • ピカデリー・サーカス駅(ピカデリー線、ベーカールー線)
  • エンバンクメント駅(ノーザン線、ベーカルー線、ディストリクト線、サークル線)

当日券発売の情報はTVの特集番組から

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レオナルド・ダ・ヴィンチの地上にあるたった15枚の絵画のうちの8枚を集めたというミラノ宮廷時代のレオナルド・ダ・ヴィンチ展

この世界的な企画展がちょうどこのロンドン滞在時の11月初旬から、ロンドン・ナショナル・ギャラリーで公開されていたのは、旅行前から知っていました。

ですが、旅行を計画した時点で、この企画展の前売りチケットは全日ソールドアウト状態だったので、はじめからこの企画展を観るのはあきらめていました。

でも、ちょうどロンドンに到着した日の晩のこの企画展を特集したTV番組で

TVキャスター

チケットはすでに全日完売しているが、まだネットオークションなどで前売りチケットを買うか、当日券を並んで買うことで観れますよ。

と話していたのです。

それだったら、特に予定がない日の朝だったら、ダメもとで並んでみるしかないぞ!思ったわけです。

1時間強並んで入館できました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1日限定500枚だけの当日券の列をセインズベリーウイング出入口を見つけ、急いで列に加わりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝の10:00過ぎた頃に並びだしてから15分くらい経ったころで、チケット担当スタッフが「何枚買う予定か」「軽く1時間は並ぶけど大丈夫か」などを各人にチェックしに来ました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当に1時間強くらい並んだところで入れましたが、2月の最終月あたりには、3~4時間待ちになってたそうです。

日本ではよくある美術館での行列なので、私的には全く問題なかったのです。

確か、上野のバーンズコレクション展では4時間以上並んだ記憶があります。

目玉はロンドンとパリの岩窟の聖母

ダ・ヴィンチ展だけの入場料は£16(約¥2,080)

音声ガイド(英語バージョン)の値段は£4(約¥520)。

とにかく、会場内は欧米の美術館では珍しく、日本の西洋美術館でやる企画展のように、日本の満員電車のようなもの凄い人ごみだったので、音声ガイド聞きながら進んでいくのが、とにかく大変でした。

ロンドンのナショナルギャラリーにある岩窟の聖母と、パリのルーブル美術館にある岩窟の聖母が、向かい合わせで展示されているという贅沢!

記念にレゾネを買いたかったのですが、かなり分厚く重たかったので、上の記念絵葉書2枚をお土産にしました。

まとめ

海外旅行中に、美術館で世界的に話題の企画展がチケット売切れであっても、当日券をゲットすることで観ることができるので、あきらめないことが肝心ですね。

今度、また世界中のフェルメールを集めた大規模な展覧会が開催されたら、私もNY、ロンドン、パリなど世界ツアーしたいです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロンドン・ナショナル・ギャラリーでの美術館見学の後は、同美術館のカフェのペイトン&バーン(Peyton and Byrne)でお茶して下さいね。

ペイトン&バーンは、人気のイギリス菓子専門のベーカリーで、ケーキなどはどれも甘いですが美味しいですよ(^^♪

2011年 イレイジャーのライブ&アフタヌーンティー教室の旅

2011年の11月、昔から大・大・大ファンだったイギリスのエレポップデュオ Erasure(イレイジャー)のイギリスツア ...

続きを見る

Pick Up

1

海外旅行の際、クレジットカードが必須なことは常識です。 でも、そのクレジットカードに付帯するサービスをどれだけ知っている ...

2

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合 ...

4

管理人こんにちは、クマホリ(@mi_ha_travel、@kumaholictokyo)です。 観戦・遠征旅の準備の際、 ...

-2011年イギリス
-, ,