日本航空(成田→モスクワ)エコノミー搭乗記 2016年機内食



確かにシートピッチが少し広くて少し楽だったJALのエコノミー

ANAさんの期限切れ寸前のマイル使いたかったんだけど、モスクワ行きにはやっぱりJALの直行便が便利。ということで今回は紅組JALさんでモスクワまで遠征。

超ー久しぶり過ぎる成田第2ターミナル。最近の成田はずっと第1ターミナルばかりだったので、なんか使い慣れないせいか居心地悪いし、いろいろ不便に感じた第2ターミナルでした。

モスクワまでの飛行時間や約10時間。12時間に慣れてるからちょっと楽かな。

航空券とホテルを抑えたのが約2か月半前と、今回は少し出遅れてしまったせいか、座席もほぼ満席状態で、かろうじて往路だけは通路側の座席を取れたという状態でした…爆

JALさんのエコノミーのシートピッチは、これまでの31インチ(約79㎝)から34インチ(約86㎝)に広がり、シートもスリム化されていたそうで、足元が10㎝広くなったそうで、いつものエコノミーより確かにかなり楽に感じられました。

最初のドリンクはいつもトマトジュース。リコピンで飛行中のストレス予防に。

とはいっても、またまた仕事でバタバタしてて、じっくり旅の予習が出来ていなかっただけでなく、まさかの極度の睡眠不足状態で乗り込んだので、飛行機ストレス対策なんて意味なかったのかも。

ドリンクが終わって、お気楽B級映画「俺たちフィギュアスケーター」を見始めたころに食事タイム♪

 

美味しかった♪ ハンバーグ パプリカのケチャップ風ソースとフェットチーネクリームソース

今回は洋食の「ハンバーグ パプリカのケチャップ風ソースとフェットチーネクリームソース」にしました。ザ・プリンスパークタワー東京の「レストランブリーズヴェール」のシェフ監修のメニューなんだそうです。

ハンバーグでタンパク質、ケチャップソースでリコピン、ブロッコリーでビタミンC摂取たかw

柔らかいけど、なかなかボリュームあって美味しかったハンバーグ。

「よだれ鶏」の鶏のささみの量もしっかり入っていて、このプレート全体で1食分の美容に必要なタンパク質量はクリアかな。

サラダも、ニトマト1個入っていたし、ボリュームもあったのは良いですね。

その他、「タコポテトサラダ バーニャカウダソース」と「ココナッツのブラマンジェと南国風リンゴのコンポート」も意外と美味しくて全部食べてしまいました。

JALのエコノミーの機内食、このプレートだけでいうとANAさんの機内食より良かったです。

デザートのハーゲンダッツのミニサイズはリッチミルク味。ANAさんはバニラばっかりでしたけど、JALさんは少しバリエーションがあるみたいですよ。

食後タイムのトイレに歯ブラシセットがあるのは嬉しい。

食事タイムが終わって、機内が暗くなった辺りからはずっと大好きな「ラ・ラ・ランド」をリピートw

睡眠不足でクタクタだったので、ここら辺でぐっすり眠れるかと思ったけど、やはり逆に疲れすぎて最後まで全く眠れず、頭がガンガン&グルグル。

 

2回目の食事はホットサンドとフルーツ

モスクワ到着前の食事は、チキンカツサンドとハムサンドとフルーツ。

他のキャリアの卵料理の朝食メニューに比べるとかなり簡素ですが、この程度のボリュームで丁度良い気もします。ヨーグルトは欲しかったけど。

サンドイッチはホットサンドで食べやすかったです。

10時間フライト、確かに12時間と比べるとあっという間な感じもしました。2時間の差は大きい。

 

ホテルと航空券は別々で購入した方が良いと思った…

今回のフライトは、エクスペディアでの「ホテルと一緒に航空券を買うとお安くなる」と宣伝にあるセットを購入。ですが、結局はホテルと航空券別々で買った方が、少し安かったりしたし、ホテルもキャンセル不可だったりと不便な点が多くて、ちょっと失敗したかなと思いました。

その辺は、また後日。

 

エクスペディア

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 298 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA