" />

2018ロシアW杯旅行記

【エカテリーナ宮殿】日本語ツアーが高かったので英語版見学ツアーに参加してみた

catherin-palce2018

サンクトペテルブルグに来たら、やっぱり訪れたいのがエルミタージュ美術館とエカテリーナ宮殿ですよね。

他にもいろいろ寄りたいところがあったんですが、なにせ実質2日間のスケジュールだったので、細かいペテルブルグ観光やグルメ探訪は切り捨て、この2つの施設の見学だけに的を絞りました。

エカテリーナ宮殿へは長蛇の列に数時間も並ばなくてはいけないらしい個人ではなく、比較的、事前でも申し込みできるツアーに入り参加することにしました。

ここでは私が利用した日本語ツアーの半額位だった英語ツアーの申し込みから当日の見学の様子までをレビューします。

 

英語ツアーにした理由

エカテリーナ宮殿へは、本当は個人で地下鉄とミニバンを乗り継いで行って、宮殿の内部と庭園などをじっくり自由に見学したかったんですが。。。

個人で行く場合、

  • チケットの予約は1ヵ月前から予約可能で、全て日付指定。
  • オンライン予約専門ボックスで引換え(12時から)
  • 宮殿まではUberが便利(往路約900ルーブル、復路約500ルーブル)

というとこまで調べたんですが、

以下のような理由で、英語のツアーに参加することにしたのです。

  • ネットでの事前チケット販売はすぐに売り切れる
  • シーズン中は当日券で入るには数時間並ばなければならない
  • 団体ツアーは入口が違い、当日券客より早めに入れる
  • ロシアW杯の時期だったので選べる日がなかった
  • 日本の代理店主催のツアーはバカ高かった
  • 英語ツアー料金は日本語ツアーの半額以下

面倒くさくなく、長時間行列に並ばなくて良い、日本語ツアーより安いというのがポイントになりました。

ちなみに私が参加した英語ツアーは、「琥珀の間」見学込で$91.07(約¥9,820)でした。

英語ツアーの予約

Get Your Guide で英語ツアーを申し込んだ

Get Your Guide の英語ツアーは、同じくロシアW杯観戦へ個人参加する人達の口コミで知りました。

お目当ての日の公式HP事前販売は案の定すでに売り切れでした。

日本の旅行代理店の現地オプショナルツアーもほとんど売り切れか、残っていてもお高いツアーだったのです。

かろうじてGet Your Guide の英語ツアーの中に、いくつか希望の日の比較的お手頃なツアーが残っていたので購入しました。

注意点としは、ツアー集合場所&集合時間、ツアー所要時間、食事の有無、専用バスか公共交通機関を乗り継いで行くのかどうかあたりでしょうか。

ツアーのチケット購入後、バウチャーがメールで送られてくるので、当日はそのバウチャーを印刷して持っていくか、スマホにダウンロードする必要があります。

また、別のメールで予約番号とPINコードが送られてきますが、それらは予約を変更するときなどに必要なもので、当日には関係ないものです。

英語ツアー当日

エカテリーナ宮殿見学ツアー当日の天気は雨。

この日はサンクトペテルブルグのスタジアムでブラジル代表の試合があったせいか、このネフスキー大通りもロシアW杯モードの人、人、人でごった返しでした。

ツアーの集合場所

サンクトペテルブルグの各種ツアーの集合場所は、大体、Nevsky Prospekt駅(地下鉄2号線・3号線)のすぐ上あたりです。

青いシャツを着た女性は現地ツアー会社の勧誘員です。当日、何らかの見学ツアーに参加したくなったら、例えば「プーシキン(エカテリーナ宮殿ツアー)」「イングリッシュ」と声をかけてみると、いろんなツアーを案内してくれるみたいです。

ツアーを購入した時に送られてきたバウチャーを印刷したものを、このチケットボックス(?)でチケットに交換してもらいます。

同じツアーには、Get Your Guide や他のオンライン旅行代理店や現地ツアー会社から申し込んだ人達で一杯で、急きょバスが2台になりました。

トイレはチケットボックスの後ろのショッピングモールの奥(かなりの迷路の奥です)にあります。

自分のバスを見つける

チケットを受取った時に、一緒にバス番号(?)を受取ります。

バス乗り場は、このチケットボックスの前あたりなんですが、とにかくあらゆるツアーのバスが集まってきていて、それぞれのバスがちゃんとバス番号を付けているわけでもなく、チケットボックスの人に聞いても「バスは向かいの通りから来る」とかイミフな返事が返ってきたりするので、

念のため、ガイドっぽい人、しかも数人にちゃんと確認した方がいいです。

良く分からないことを、平気で答えるロシア人あるあるw

ツアーのガイドさん

わかりやすい英語をしゃべるロシア人のガイドさんから、イヤホンを受取ります。これは単に離れたところでもガイドさんの話や合図が聞けるというもので、宮殿のオーディオガイドではありません。

ツアー参加者

私のバスに乗っていたツアー参加者は、ほとんどロシアW杯観戦者だったと思います。

ツアーが宮殿に入れる順番がくるまで、宮殿の前のお土産屋さんでトイレ休憩。近くには美味しいお店もあるみたいです。

エカテリーナ宮殿庭園を雨の中散策。

とにかくここも中国人ツアーが多くて、誰もいない宮殿を撮るのが大変でした。

宮殿へ入り、クロークで荷物を預け、靴カバーを取り付けてから見学に入ります。

エカテリーナ2世がつくった絢爛豪華なバロック様式の宮殿。

宮殿の中は、まだ団体ツアーしか入っていない時間だったので、まだそれほど混み合ってはいませんでした。

近寄りがたい隣の大陸からの団体ツアー軍団。

目玉の「琥珀の間」は写真撮影NGですが、大黒屋光太夫がエカテリーナ2世に謁見した「謁見の間」などは好きなだけ撮れます。

ツアーの所要時間

ツアーの所要時間は、

  • サンクトペテルブルグから往復約2時間
  • エカテリーナ宮殿見学が約3時間
  • 合計 約5時間

ツアーが終わりサンクトペテルブルグに戻ったのは18時過ぎ。なので、その後にどこかに観光や見学に行くのは難しい時間だと思います。

英語ツアー参加の感想

手間いらずで楽々で参加できましたが、見どころが多い宮殿の中、待機タイムも多く、撮影したり、ツアーの動きに付いて行くのが大変だったりして、英語ガイドの話はあまり頭に入らず、ほぼ直前予習した知識だけを基に廻ったようなものでした。

こんな忙しくササっと短時間で一通りを巡るツアーでは、気が散った中でもガイドさんの話が頭に入ってくる日本語ツアーの方が良いかもしれませんね。

なーんと、現地オプショナルツアーのVELTRAさんには、私が参加した英語ツアーと同じ位の価格の日本語ツアーが揃ってます。

Pick Up

1

観戦・遠征旅の準備は、普通の観光旅行などとはちょっと違い、お目当ての試合や公演の日程を中心に全体の旅程を組みます。 そし ...

2

海外遠征に出かけるために持っていた方が良いクレジットカードの他に、遠征費の足しにできるマイルを普段の生活で貯められるカー ...

3

お目当てのアーチストのライブを現地へ観に行きたい、大好きなサッカーチームや選手を応援に現地へ行きたい、注目選手の海外試合 ...

4

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

5

旅行先からメールや画像を送ることはもちろん、インスタグラム、Twitter、Facebook、ブログなどを投稿したり、現 ...

6

海外旅行の際のお楽しみでもあり、面倒でもある荷物のパッキング。 旅行の目的、日数、日程などによって持物が毎回違ってきます ...

-2018ロシアW杯旅行記
-,