クレジットカード

【ANA JCBカード】観戦、遠征組、女子旅におすすめカードは?只今、大量ポイントがもらえる新規入会キャンペーン中!

2020年10月4日

旅行好きな人だったら、もうすでにANAかJALのカードの1枚や2枚はもっているかもしれません。

いえ、まだ持っていなくても大丈夫です。

まだ海外へ行けない今、ANAマイルに移行できるポイントを大量にゲットできる新規入会キャンペーン(特にソラチカカード!)が、ちょうど始まったばかりなんです。

国内線はもちろん、今後、海外への新しい路線も拡張していくANAさん。

そんなANAさんやスターアライアンスの飛行機をよく利用する遠征組、観戦、女子旅の人必読です。

今後、ANAさんを利用してどんどん旅行したい人、ANAマイルを貯めていきたい人も必読です。

何といっても、最大で130,600マイル相当のポイントがもらえるという、お得すぎる新規入会キャンペーンなんですから。

そんなお得なキャンペーンについてと、ANA JCBの種類とそれに伴い獲得できるボーナスポイントの違いなど、数多いANAカードの中で、どのカードがおすすめかレビューしていきます。

結論から言うと、

たまにしかANAに乗らない人はソラチカカード、ANAに比較的良く乗り、将来、ANAのステータス(SFC)を取得したいと思っている人はワイドカードがおすすめです。

特に今回、ソラチカカードソラチカゴールドカードについては、一般カードやゴールドカードよりボーナスポイントが多くなってます

ANAJCBカード

ANAJCBカード

ANA JCBカードの種類

ANAカードの種類は大きく分けて、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードの4種類になります。

JCBカードでは以下の4つのほか、学生用カードやZEROなどもありますが、このブログの対象とは違うので割愛致しますね。

  1. 一般カード
  2. ワイドカード
  3. ワイドゴールドカード
  4. プレミアムカード

一般カード(年会費が低いカード)

まず、ANA一般カードは、あまりANAに乗らない人で、カード維持費を低く抑え日常の買い物などでマイペースにマイルを貯めたい人におすすめです。  ・

  • 年会費:2,200円
  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • 1年間継続ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:10%アップ
  • 海外・国内旅行保険:最高1,000~3,000万円

今回新規入会キャンペーンで獲得できるボーナスマイル

  • 通常入会ボーナスマイル:1.000マイル
  • ANA主催キャンペーン:最大8,000マイル
  • JCB主催キャンペーン:最大61,600マイル 
  • 合計ボーナスポイント:最大70,600マイル

ANAJCBカード

ANAJCBカード

ソラチカカード(PASMO機能付き一般カード)

ソラチカカードは、一般カードにPASMO機能とオートチャージサービス機能が付いたものです。

営団地下鉄に乗車毎に、また営団地下鉄の定期券を買っても、地下鉄のメトロポイントと、JCBのOki Dokiポイントが付きます。

また、それらのポイントをANAマイルに移行できるほか、ANA側のボーナスマイルなどもあります。

こちらも一般カードと同様あまりANAに乗らない人で、カード維持費を低く抑え日常の買い物などでマイペースにマイルを貯めたい人におすすめです。 

それに加え、営団地下鉄で通勤をしていたり、営団地下鉄を頻繁に利用する人におすすめです。 

  • 年会費:2,200円
  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • 1年間継続ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:10%アップ
  • 海外・国内旅行保険:最高1,000~3,000万円

今回新規入会キャンペーンで獲得できるボーナスマイル

  • 通常入会ボーナスマイル:1.000マイル
  • ANA主催キャンペーン:最大8,000マイル
  • JCB主催キャンペーン:最大62,500マイル 
  • 合計ボーナスポイント:最大71,500マイル

ソラチカカード

ANAJCBカード

ワイドカード(コスパが高いカード)

ワイドカードは、一般カードより年会費は高いものの、搭乗時の獲得マイル数も上がり、付帯sる保険内容も増額です。

さらに、ボーナスマイルがゴールドカードと同じなので、たまにANAに乗る人年に1回海外へ行く人などの旅行用カードとしておすすめです。

また、ANAのスーパーフライヤーズ会員(SFC)のステータスを取得するANAマイラーになる予定がある場合は、

このワイドカード以上のANAカードを作っておく方が、将来、審査なしでSFC専用カードに移行することができます。

  • 年会費 :7,975円
  • 入会搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:25%アップ(ゴールドカードと同じ)
  • 海外・国内旅行保険:最高5,000万円

今回新規入会キャンペーンで獲得できるボーナスマイル

  • 通常入会ボーナスマイル:2,000マイル
  • ANA主催キャンペーン:最大8,000マイル
  • JCB主催キャンペーン:最大61,600マイル
  • 合計ボーナスポイント:最大71,600マイル 

ANAJCBカード

ANAJCBカード

ワイドゴールドカード(ゴールドサービスが付帯などが手厚いカード)

ゴールドカードは、ワイドカードにJCBのゴールドカードサービスが付いたカードです。

国内・海外旅行保険が自動付帯で、内容も手厚いので、定期的にANAに乗って、このカードでマイルを集めるANAマイラーになる人におすすめです。

  • 年会費:15,400円
  • 入会搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:25%アップ
  • 海外・国内旅行保険(自動付帯):最高5,000~1億円

今回新規入会キャンペーンで獲得できるボーナスマイル

  • 通常入会ボーナスマイル:2,000マイル
  • ANA主催キャンペーン:最大11,000マイル
  • JCB主催キャンペーン:最大96,600マイル
  • 合計ボーナスマイル:最大109,600マイル

ANAJCBカード

ANAJCBカード

ソラチカゴールドカード(PASMO機能付きゴールドカード)

ソラチカゴールドカードは、上記のゴールドカードにPASMO機能とオートチャージ機能が付いたゴールドカードです。

ワイドカードにJCBのゴールドカードサービスが付いたカードです。

国内・海外旅行保険が自動付帯で、内容も手厚いので、定期的にANAに乗って、このカードでマイルを集めるANAマイラーになる人におすすめです。

また、営団地下鉄のメトロポイントやJCBのOki Dokiポイントの獲得率もソラチカカードよりアップします。

  • 年会費:15,400円
  • 入会搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:25%アップ
  • 海外・国内旅行保険(自動付帯):最高5,000~1億円

今回新規入会キャンペーンで獲得できるボーナスマイル

  • 通常入会ボーナスマイル:2,000マイル
  • ANA主催キャンペーン:最大11,000マイル
  • JCB主催キャンペーン:最大99,600マイル
  • 合計ボーナスマイル:112,600マイル

ソラチカカード

ANAJCBカード

プレミアムカード(最高位のステイタスカード)

プレミアムカードは、ANA JCBカードの最高位のカードで、国内の空港ラウンジが利用できることはもちろん、世界の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパスも無料発行できます。

国内・海外旅行保険が自動付帯で、内容も手厚いので、頻繁にANAに乗り、海外にも頻繁に出かける人におすすめです。

  • 年会費:77,000円
  • 入会搭乗ボーナス:10,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:10,000マイル
  • 搭乗毎のボーナス:25%アップ
  • 海外・国内旅行保険(自動付帯):最高1億円
  • プライオリティパスが付帯
  • グルメベネフィット付帯(プラチナ特典)
  • コンシェルジュサービス付帯(プラチナ特典)

今回新規入会キャンペーンで獲得できるボーナスマイル

  • 通常入会ボーナスマイル:10,000
  • ANA主催キャンペーン:最大15,000マイル
  • JCB主催キャンペーン:最大105,600マイル 
  • 合計ボーナスマイル:最大130,600マイル

ANAJCBカード

ANAJCBカード

おすすめのカード

一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードと、大きく分けて4種類になるANAカードの特徴をみてきました。

どのカードがどんな人におすすなのかのまとめとしては、簡単にANAにどのくらい搭乗するかによって決めて良いかと思います。

  • ソラチカカード たまにしかANAに乗らない人
  • ワイドカード:ANAに比較的良く乗るが、カード維持コストは抑えたい人
  • ソラチカゴールドカード:ANAに頻繁に乗る人や将来ANAのステータス(SFC)を取得する予定の人。

上記の獲得可能マイル相当ポイントは、JCBのOki Dokiポイントをマイルに移行・交換した場合です。

また、入会カードによりマイル数は異なります。

SFCのステータスを取得する予定がある人は、審査なくSFC専用カードに移行できるワイドカード以上のANAカードを最初に作っておく方が便利です。

なので、遠征や観戦旅でANAを良く利用して、今後もANAを優先的にどんどん乗っていこうという人は、とりあえずワイドカードを作っておくのも良いかと。

特に今は、最大で130,600マイル相当のポイントがもらえる、お得すぎる新規入会キャンペーンを開催しています。

ANAJCBカード

ANAJCBカード

【ソラチカカード】東京メトロとJCBのポイントがお得にANAマイルと交換できるカード

海外遠征に出かけるために持っていた方が良いクレジットカードの他に、遠征費の足しにできるマイルを普段の生活で貯められるカー ...

続きを見る

Pick Up

1

推しを観に、応援しに国内・海外遠征旅を何度もする遠征オタ旅。 現地の美味しいものや街歩きを楽しみながら、現地の老舗ホテル ...

2

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

3

海外旅行に行く際、万が一のために、海外のバカ高い医療費などの補償をカバーするために必ず入っておくのが海外旅行保険です。 ...

-クレジットカード