2013年10月イギリス旅行記 旅行記

リバプールのアルバート・ドック辺りを街歩き

2015年1月21日

DSC01478

DSC01479

DSC01482

リバプールFCのスタジアム、アンフィールドからバスで市内中心部に戻り、マンチェスターに戻るにはまだ時間があったので、

リバプール・ワンあたりのショッピング・エリアを通り過ぎて、マージー川沿いの「アルバート・ドック」辺りをぶらついてみることにしました。

アルバート・ドック

DSC01484

アルバート・ドックは、世界文化遺産にもなっている港町リバプールのマージー川沿いに、1800年代半ばに設置された貿易倉庫で、1980年代に再開発されたんだそうです。

マージー海洋博物館

DSC01485

あのタイタニック号の資料が豊富に展示されている「マージー海洋博物館」。

リバプール博物館

DSC01486

恐竜から古代史、宇宙までの資料が展示され、プラネタリウムまである「リバプール博物館」。

テート・リバプール

DSC01488

DSC01490

近代・現代美術、特に英国北部のアーチストの作品が豊富な「テート・リバプール」。

リバプールFCのスタジアムツアーのほかにも、リバプールに来たら行っておきたいスポットはいろいろあります。

レストラン、カフェ、お土産屋さんなどのほか、大きな無料トイレもちゃんとありました。

エコー・アリーナ・リバプール

DSC01493

DSC01495

メジャーなアーチストのライブ会場に使われる「エコー・アリーナ・リバプール(キャパ:約12,000人)」もこのエリアにありました。

ビートルズ・ストーリー

DSC01499

ジョン・レノンのメガネ、ジョージ・ハリソンの最初のギター、非公開の写真などが展示されているビートルズファン必見の「ビートルズ・ストーリー」。

DSC01497

このビートルズ・ストーリーの脇には、ちゃんとスターバックスもありました。

マージー川

DSC01504

マージー川を眺めながら、少しぼんやり一休み。

DSC01508

街も暗くなり、脚も疲れてきたあたりにマンチェスターに戻りました。

マンチェスターの「ザ・リッツ」(おまけ)

DSC01511

マンチェスターでは、マンチェスター・ピカデリー駅ではなく、オックスフォード・ロード駅で降りました。

この駅の側には、ザ・スミスの初ライブが行われたクラブ「ザ・リッツ」があったので、ちょっと見て行こう思ったからです。

サッカーファン、ビートルズファン、海洋マニアではなくても、ゆったりショッピング、グルメ、街歩きだけでも十分に楽しめる港町でした。

リバプールのホテルを探す

1.ホテルの相場、空き状況、部屋の様子などを確認します。

2.ホテル予約サイトに入り、使える割引やポイントを考慮しながらホテル宿泊費等の目途をつけます。

Pick Up

1

推しを観に、応援しに国内・海外遠征旅を何度もする遠征オタ旅。 現地の美味しいものや街歩きを楽しみながら、現地の老舗ホテル ...

2

私がお勧めする楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税別)の楽天ブランドのカードの中でのゴールドカードになるカー ...

3

海外旅行に行く際、万が一のために、海外のバカ高い医療費などの補償をカバーするために必ず入っておくのが海外旅行保険です。 ...

-2013年10月イギリス旅行記, 旅行記
-