2014年イギリス・バルセロナ旅行記

ヴァージン・トレインのファーストクラス @ リバプール→ロンドン

投稿日:2015年9月23日 更新日:

DSC03496

9時47分、リバプール発ロンドン行きのヴァージン・トレインに乗るため、ホテルから15分ほど歩いてリバプール・ライムストリート駅へ。

今後のために、ここで位置を再確認。

DSC03497

駅正面を背にすると、先にリバプールFCのアンフィールドなどに行くときに乗り込むバスターミナルやビジターセンターがあります。

DSC03498

そこからもう少し左に向いたこちらを道なりに進むと、リバプール・ワンやボルド・ストリート辺りに続き、その先をもう少し行くとアルバート・ドックに続きます。

DSC03499

今回のロンドンまでのヴァージンもファーストクラスにしておいたので、ファースト用のラウンジで少し時間潰しをすることにしました。

リバプール・ライムストリート駅のヴァージン・トレインのファーストクラス用のラウンジは、なーんと出発ホームにあるんですーw

ラウンジの入り口はこちらではなく、もう少しホームを進んだ横にあります。

DSC03500

入口のスキャン画面にチケットをかざすとドアが開きます。

DSC03502

食べ物はフルーツ、マフィン、ペストリー、クロワッサン、シリアルバー、オートミール、ショートブレッド、ポテトチップ、チョコレート、チーズなどが置いてありました。

ロンドン・ユーストンやマンチェスターのラウンジと比べても種類が多いみたいです。

DSC03503

飲み物はコーヒー、紅茶、ココア、コーラ、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、炭酸ジュース数種、ミネラルウォーターなどがありました。

DSC03506

通勤時間帯を少しずれてたこの時間は比較的空いていました。

wpid-img_20141209_090248.jpg

電車に乗り込む前に、ちょっとお菓子とコーヒーでティータイム。

wpid-dsc_0055.jpg

さてと、最後尾に戻って乗る電車の写真撮影したら、乗り込みましょー。

wpid-img_20141209_102121.jpg

平日のこの時間のファーストクラスは朝食サービスがあります。
今回はイングリッシュ・ブレックファーストにしました。

wpid-img_20141209_102154.jpg

なかなかちゃんとした素材で、美味しかったですー。
卵はスクランブルエッグの方が好みだったけど、そこら辺の選択はできません。

「ケチャップちょうだい」って言ったら、HPソースを渡されたのは謎。

ファーストクラスのサービス内容と時間についは、ヴァージンのHPに乗っているので、予約時に予めチェックしておくとお腹の準備が出来るので良いですよねー。

イギリスへの航空券を探す

航空券の値段と空き具合をチェックして、自分の保有している各航空会社のマイルやクレジットカードのポイントを考慮しながら航空券を予約&購入します。

航空券・ホテル

【海外遠征】まずチケットを取って、ホテルを予約して、そして航空券を買う【個人手配】

2019/02/03  

観たい試合や公演が見つかったら、まず旅行全体のスケジュールを組んでみて、有休が取れそうな計画か一度しっかりと考えます。 ...

-2014年イギリス・バルセロナ旅行記
-, , , , ,