ラッセルスクエアからヒースロー空港まで地下鉄で



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2011年11月、ブルームズベリー・ガーデン・スクエア

B&Bに戻って、預けていた荷物を受け取り、ガタガタと荷物を引きながら歩いてラッセルスクエア駅へ向かいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

晩秋のラッセルスクエア。
こじんまりしていて、見晴らしが良い公園です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

公園の横には公衆トイレもあります。

ですが、目の前のホテル・ラッセルの(Hotel Russell)奥のトイレを借りた方が気持ちが良いと思います。ちなみに、このホテル・ラッセルはあの「キャッツ」の舞台になったホテルで、とっても重厚な趣あるホテルです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラッセルスクエア内にあるカフェ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

味も雰囲気も普通らしいんだけど、今度来た時はちょっと入ってみたいな、と。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体力に余力があった今回は、地下鉄でヒースロー空港まで行くことにしました。ブルームズベリーあたりからだと、ラッセルスクエア駅からヒースローまで直通のピカデリーラインに乗れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒースローから直通だし、24時間オープンしているスーパーなどもあるので、この辺のホテルに泊まる人も多い人気のエリアです。

ラッセルスクエア駅にはリフトがあるんですけど、どうしても15段くらい階段を上らなきゃいけないので、要注意ではあります。

その辺、ちょっとキツイんですけど、なんといってもオフピーク時間で、オイスターカードを使って乗れば、ヒースローまで£2.4(約312円)ですから。

都営地下鉄大江戸線より狭い感じです。

ラッセルスクエア駅からヒースロー空港駅までは、まともに動いている場合、約1時間かかるので、遠慮せずに席が空いていたら座った方が良いと思います。

ヒースローまで着いてしまえば、後はすごい楽です。駅を離れる前に、窓口でのオイスターカードの清算をお忘れなく~。

搭乗手続きに入る前の免税手続き、これがちょっと面倒なんです。

帰りの飛行機の時間に寄っても、窓口の込み具合って違うと思うんですけど、一番多いと思われる夕方発の便を利用する場合、かなり時間の余裕を持って免税手続きの窓口へ並んだ方が良いです。

昨年の11月初旬のオフピーク時でしたが、私は2時間強は並びました。多分、春から秋口のピーク時にはもっとかかるんだと思います。

どうやら中華圏や中東圏方面への夕方便も多いらしく、買い物威力が凄い彼らの免税手続きの書類は広辞苑並みの厚さの量で、その分、時間がかかる、かかる。。。

時間の余裕があまりなくって、免税書類が数件(戻りが数千円レベル)しかない場合は、諦めちゃった方が無難かもしれません。

 

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 291 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA