マンチェスター・ユナイテッド×チェルシー戦 @ オールド・トラフォード、05/05/2013



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年5月5日(日)、プレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー戦@オールド・トラフォード。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チェルシー戦だから面白いかも~と思って期待してたけど、GKのデ・ヘアが先発ではなくリンデゴーア、他にもMFのアンデルソンが出たりと、

すでに優勝が決まったユナイテッドは、10試合出場すれば優勝メダルが貰えるらしかったので、10試合に満たなかった選手を出してあげた温情的スタメンになってしまったりで、どっちとも消化試合丸出し的なダラダラした展開で、

後半からフェイスガードを付けてせっかくのお顔が拝めなかったトーレス師匠を投入してきたチェルシーが流れをつくって、マタのシュートがジョーンズに当ってオウンゴールで先制。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユナイテッドの3トップはペルシ、ギグス、バレンシア。
それほどファンでなかったけど、やっぱり真近で見たペルシは超~カッコ良かった~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シンジ君は結局、ずっとベンチ。途中、ルーニーと一緒にアップしていたんで、後半から出てくるかな~と思ってたんだけど、途中交代したのはルーニーだけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここのロングサイドの前列はピッチより少し沈んでいるので、選手の叫び声やボ~ンとボールをける音とか、多分、他のスタジアムよりピッチの様子がよりダイレクトに伝わってくるようで、とても興奮します。

ただ、ピッチ全体を見渡すことは難しいので、試合の流れをしっかりフォローするのはもう少し上の方の席、コアのサポーターの応援を体感したいんだったらゴール裏付近の方が良いんだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ、せっかく現地で生観戦するんであれば、少しお値段が張っても、その場でしか味わえないピッチの臨場感を味わえる前列の席が良いんじゃあないかな~と思います。

あ、あと、選手のどアップ写真等も前列の席は撮りやすかったりもするしカメラについては、プロ仕様のもの以外だったら大丈夫なんだと思います。
一眼でも望遠レンズ付けてないで使ってる人もいたくらいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、試合終了後、トイレに寄ってから、急いで外に出て、駅とは逆方向のさっきの出待ちエリアへ急ぎます。
多分、何人かがサインのサービスをする。ってことになってるんだと思います。

大体、その日に出場しなかった選手はサッサと帰ってしまったり、すでに帰ってしまっていたりで、こういうファン・サービスには表れないみたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、ファン・サービス担当の選手は、その日の試合で活躍した選手ということになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シンジ君は多分、サッサと帰ってしまった組らしく、エヴァンス、伽リック、ルーニー一家等がササッと帰ってしまっていく中、な~んと、その日は娘を肩車したペルシがサインしに出てきてくれた~。

あまりにカッコ良くって、どアップ写真は撮ってきたけど、サイン貰うの忘れてきた私~(爆)
せっかくマッチディ・プログラム(£5)握りしめてたのに。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、やっぱり、もっと面白い試合で、シンジ君が出る試合が見たいよね~、今度は。

 

 




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 291 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA