ランブラス通りのサン・ジョセップ市場に寄った後、その少し先にある老舗有名洋菓子店のエスクリバ(Escriba)でお茶しました。

1906年創業という老舗で、現在はバルセロナのカリスマ・パティシエであるクリスチャン・エスクリバ氏が4代目となって引き継いでいるお店です。

4代目エスクリバ氏はチョコレートのスペシャリストとしても有名だけあって、可愛くて、美味しそうなチョコレートが沢山並んでました。

チョコレートの他、とても老舗のお店のケーキとは思えないような前衛的で素敵なケーキも沢山並んでました。評判では、甘さも控えめで日本人の舌にも馴染む絶妙な甘さの美味しさなんだそうですよ。

直前に大きなジェラートを食べたばかりだったので、こちらでのスイーツはパスしてしまったのですが、今思えば多少無理しても何か一つでも食べておくべきでした。

店内は終始、観光客と地元の人でほぼ満席。

老舗で有名店だけあってか、壁にはこちらを訪れた有名人の写真とか、ヴィトンなどこれまでコラボしたことがあるメゾンやメーカーの作品の写真などが沢山飾られていました。

スイーツなしのエスプレッソだけで休憩。

お店の外観もバルセロナらしくとても素敵でした(暗いときの画像でスミマセン)。

オープン時間は8:30~22:00と忙しい観光の合間に寄るのにも便利ですよね。美味しいペストリーとオレンジジュールがセットになった朝食メニューもあるみたいなので、今度バルセロナに行ったときは是非食べてみたいです。

 

Similar Posts:



   

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村