モリッシー@MCRアリーナ、マンチェスター



MCRアリーナ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リッチモンド・ティールームでゆっくりした後、一旦、ホテルに戻って、バックの中身をライブ用に変えた後、ピカデリー・ガーデン、プリントワークス、マンチェスター大聖堂辺りを通り過ぎながら、約15分歩いたところで、MCRアリーナに着きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このアリーナ会場裏の上の看板の前で、アメリカからこのライブのために来たっていう男の子を撮ってあげたりしたんですが、会場内に入っても、ヨーロッパ以外の海外からも沢山のファンが来ていたな~という模様どすた。

この渡英の前、モリッシー(モズ)の日本でのZEPP東京公演を前列で観て、モリッシーと目が合ったような錯覚的感動をもったものの、セットリストのせいか不完全燃焼感一杯だった勢いで、

恵比寿のチケットを買って、その恵比寿での大感動の流れのまま、モズの地元であるマンチェスターでのギグも絶対、良いはずと思い込み、チケットをクリックしてしまって、マンチェまで来てしまったトいうわけなんですが~、

とにかく、現地入りしても心配だった公演キャンセルですが、無事に行われてホッと一息。無駄足にならなくて良かった~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

アリーナの入口は、中距離電車発着駅でもあるビクトリア駅に隣接しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA120728_1924

会場入場の際は、結構、念入りな荷物チェックがありましたが、持って行ったデジタルカメラはスルーで、会場内でも沢山の人達がカメラ撮影していました。

あ、ダフ屋も何人もいました~。

皆さん、メインアクトの直前まで会場の外でビール飲んでる人が多いんで(ここら辺はサッカーでも同じですな)、前座が始まる15分くらい前でこんな感じ。

前座前にドイツとオーストリアから来たっていう2人組の男性と少し話したんですが、やっぱり「モズの地元でもあるマンチェスター公演は普通じゃないはずー」という期待を持って来たんだそうです。

皆、同じだw

そのドイツとオーストリアの2人組も楽しみにしてると言っていた、「女モリッシー」というふれ込みのあった前座のKristeen Youngには、若干、ブーイングも上がったりしたくらいのモリッシー感とは別世界のシャウト系。

30分位で終了でホッ。

モリッシー@MCRアリーナ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その約30分後くらいにモリッシー御一行登場。

この時点で約21,000人収容のヨーロッパでも有数の巨大アリーナはほぼ満員。

私の席はスタンド席のロングサイド1階中央最前列。ステージとアリーナ全体が良く観れるけど、モリッシーには遠く、表情まではなんとなくわからないという感じ。

スタンディングにしてもう少し近い位置でモリッシーを観たかったという思い半分、大規模アリーナで座ってゆっくり観れる幸せ半分。正直、微妙でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

席がステージからちょっと距離があったのと、ライブ開始前にデジカメの設定をしてなくって、照明の色がが変わりまくっている中の、いきなりズームで撮ってたもんで、ブレまくりのモリッシーですが、結果、このブレ具合がとても気に入っていますw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結構、ご機嫌も良く、MC時間も長く、イスラエルのテルアビブ名誉市民称号を貰ったけどマンチェスターはまだ何もくれてないとか、オリンピック開会式に招待されなかったのは。。。等モリッシー節炸裂。

例によって、ステージに上がりモズに抱きつく人数名、スタンディング前列のファンとのふれあいタイム等ももれなくありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セットリスト

  1. You have killed me
  2. Everyday is like sunday
  3. You’re the one for me, fatty
  4. How soon is now
  5. I’m Throwing my arms around Paris
  6. Ouja Board, Ouja Board
  7. Maladjunted
  8. Last night I dreamt that somebody loved me
  9. When last I spoke to Calol
  10. People are the same everywhere
  11.  I know it’s over
  12.  To give
  13. Black cloud
  14. Scandinavia
  15. Meat is murder
  16.  Let me kiss you
  17. Action is my middle name
  18. I will see you in far-off places
  19. Speedway
  20. Please, please, please let me get what I want

アンコール

  1. Still ill

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、マンチェスター愛が感じられなかったせいか、ステージは淡々と進んで、実にあっさりと終了&観客ポカ~ン。

セットリストのせいでしょうか。会場のせいでしょうか。愛が足りなかったんでしょうか?

案の定、チケットマスターの口コミには、期待してたのに良くなかったとか、今までで最低とかネガティブ評価が多く、やはり期待が高いと危ないという一事例になってしまったようで。

会場の様子はというと、モズのファンは1/3~半分くらい、ステージ前のコアなファンのみ凄い盛り上り、でもモッシュなどはなく、アリーナ後方とスタンドでは「皆で生ライブを聞きながらビールを楽しむイベント」という感じで、

四方八方でおしゃべりし放題、指定席チケットがあっても適当なとこに座ってる人多数であちこちでトラブル続出、なんか隅田川花火大会に行ったようなカオスがありました。

なんで、やっぱりアリーナレベルの会場より小さ目の会場の方が一体感も出やすいんで、そっちの方が合ってるんじゃあないかと、モズの場合。

そういう意味でも東京恵比寿でのギグは最高だったんじゃあないかと、マンチェスターで改めて、恵比寿に参加できたことに感謝しました。

思いのほか、あっさりとライブ終了

120728_2214120728_2214

あっさり終わったもんだから、余韻もなにもないんだよとばかり、皆、ササッ~と撤収。

120728_2259OLYMPUS DIGITAL CAMERA

MCRアリーナから市内中心部へ続くディーンズゲート・ストリートあたりは、意外と夜が遅くなく、なんとか軽く食べられるタパスのお店を見つけて、お隣に座ったモズ同士と打ち上げの乾杯~。

グッズはですね~、2人組と話し込んでしまったため選び悩む時間がなく、ササッと背面にヨーロッパツアーのスケジュールが入った記念Tシャツしか買えませんでした。

£20(約¥2,720)也。

モズがサッカーしている新しいデザインのTシャツ、買っときゃ~良かったな~(涙)

 


大きな地図で見る




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 292 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA