OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ティールームでの食事が済んだ後、メトロリンクでオールド・トラフォードへ向かおうと駅へ行ってみたら、同じくスタジアムへ向かう赤を来た人達の山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車内はかなり混んでましたけど、東京の通勤電車に毎日乗ってる身からすると全く大したことはないレベルで、難なく15分の乗車(往復£3)でスタジアムの最寄り駅に着きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日曜日のゲームだったので、家族で見に来ている人が多かったみたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

すでにこの時、ユナイテッドの優勝が決まっていたので、ファンもかなり緩い感じの雰囲気で、応援しに行くというより、近所の祭りに行く顔を出しに行く感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バッタもん屋さんで売ってるグッズの方が、面白いもんが多いんだよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズも日本人サイズにピッタリ合う感じで、このデザインよりカッコ良いデザインの他のシンジ君のTシャツ(£8)とマフラー(£6)をつい買ってしまった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通路にはクラブの歴史を飾るものが展示されてるんで、ユナイテッド・ファンだったらゆっくり見て回ると面白そう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、せっかくの試合日なんで、まずは入待ちエリアに急ぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入り待ちに関してですが、スタメン選手はキックオフの1~2時間前位にはスタジアム入りしてます。

その後に入ってくる選手は控えの選手です。
結構、家族と一緒に入っていく選手が多いですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユナイテッドの入待ち・出待ちエリアはWX14。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかく凄い人の山になってるんで、W側に入ってみると誰でも分かります。入待ち時はともかく、試合終了後の2時間後位から数名の選手がサインや写真撮影サービスをしてくれるのがユナイテッドの良いところだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日はシーズンチケット保有者にロングサイド前列の席を取って頂き、カードをお借りしてスタジアムに入りました。

優勝が決まっていたとはいえ、対戦相手がチェルシーだったので、かなりお高かったんですが、せっかくだったら、リヴァプール時代が大好きだったチェルシーのトーレス師匠も見れたらみたいな~とチェルシー戦を取って頂きました。

入口はとても狭く、カードを赤い丸部分のリーダーにかざしてデータを読ませて入場します。

スチュワードが「写真なんか撮ってないで早く入りなさい」って顔してますが、カードの不備があったのかと思って心配していただけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆、TVで他のチームの試合の様子をチェックしてます。
スナックとソフトドリンクがセット価格で£6ってどうなんでしょうね。

ホットアイテムはソーセージロールやミートパイ等のシンプル過ぎる品揃えで、何度か買ってみようかと試みましたが、買って食べてる人を見て、わざわざここで無理して食べなくても良いよねって感じなってしまい止めてしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キックオフ1時間前位から、選手がウォーミングアップのため出てきます。その時は自分の席を離れて、一番前まで出て選手のアップ写真等が撮れたりします。

なお~、サッカー選手のアップ写真のネット掲載は権利侵害にあたるので、こちらでシェア出来ないのが残念です。

このウォーミングアップの時、スタジアムではマッドチェスター音楽を中心とした毎回違ったヒット曲メドレーを流していたりするところは、結構、お気に入り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょうどウォーミングアップが終わった辺りから観客席は埋まってきます。

座席のピッチは、古くて拡張を重ねて大きくしていったスタジアムにしては、まぁまぁ広い方で、席の場所にもよるかとは思いますけど、ロングサイドのお客さん達は荒々しい応援をするとか、ゴミを散らかして帰るという感じではなく、凄く快適な雰囲気で楽しめます。

 

 

Similar Posts:



   

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村