スポンサードリンク


ひし形マークの中にMの文字が入った看板が目印

マドリードの地下鉄と同じく、バルセロナの地下鉄も乗り方はとても簡単で旅行者でも利用しやすい交通手段だと思います。前回も簡単に書いたんですが、また今回もバルセロナの地下鉄について書いてみようかと思います。

地下鉄でサグラダ・ファミリア前へ、で、パエリア。

メトロの駅はひし形マークの中にMの文字が入った看板が目印で、とても目立つので、通りを歩いていても探しやすいかと思います。

機械でのチケット購入の手順は簡単

機械でのチケット購入の手順は簡単で、言語を英語に選んで→1回券か10回券を選んで→現金を入れて(カードも使えます)→切符を受け取る。

このチケットは地下鉄の他、バス、トラム、フニクラで利用できる共通券になってて便利です。ちなみに、駅の窓口や市内の観光案内所でもチケットは購入できます。

10回券を複数人で同時に使う

友人とバルセロナ市内に出歩く予定があったので、一緒に使える10回券にしました。1~5日券などもあります。

改札機にチケットを差し込むと、そのすぐ上から裏に日付が印字されたチケットが出てきます。そのチケット取り出すと自動扉が開きます。

10回券を同時に複数人で使うときは、1人目がチケットを改札機にから取って自動扉が開いたら、次の人にチケットを渡して、自動扉を抜けます。

駅のホームは薄暗い

ホーム内は薄暗く、時間帯によっては人がいないこともあるので、要用心。

車内も薄暗い

マドリードの地下鉄と比べると、車内も薄暗くて、少し薄汚い感じですが、特に危ない雰囲気はかんじませんでした。この辺はどこの都市にいるときも同じですけど、細心の注意を払っておけば必要以上に怖がることはないのかなーと思います。

ただ、やはり地下鉄の中や街中でスリにあったという日本人GPF観戦者も何人かいたみたいです。

降車駅については車内放送もあるので、スペイン語が分からなくても、車内案内図を観ながら駅を数えながら準備はできますね。

降りるときは自分でドアのノブを上に持ち上げて開ける

降りるときは、自分でドアのノブを上に持ち上げて開けます。閉まるのは自動なんですけどね。

構内広告もそれほど多くないので、やっぱりその分薄暗です。こんなところでは自然と早足になってしまいますよね。

駅を出る階段の下付近には、ちゃんと近隣地図もあったります。

地下鉄の運行時間は以下の通りですけど、変わってる可能性もあるので、その都度、要確認です。

  • 月~木・祝日は、朝5:00~夜24:00まで運行
  • 金・祝日前日は、週末・祝日は朝5:00~夜26:00まで運行
  • 土・一部祝日前日は、終日
  • 日は、深夜まで運行

地下鉄でサグラダ・ファミリア前へ、で、パエリア。
バルセロナの人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター


スポンサードリンク

       

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村