マッドチェスター好きは、まずハシエンダへ走る。



 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてと、午後過ぎからは緩~くマンチェスター・ミュージックツアー。

まずは、メトロリンクに乗って、マッドチェスターの聖地(?)ともいえるんじゃあないかという場所からスタート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ディーンズゲート・キャッスル・フィールド駅を降りたら、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すぐ左手に見える茶色いビルがあるんですけど、

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

このビルが、マンチェスター・ミュージックツアーで欠かせない場所、ハシエンダ(The Haçienda)です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は同じ「ハシエンダ」という名前のマンションになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

1980年代のマッドチェスター音楽ムーヴメントの発祥の地でもあり、アシッド/ハウスミュージックのメッカともなった世界的にも超~~~有名だったクラブでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏側必見。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トニー・ウィルソンらが作ったファクトリー・レコードが、1982年にショールームだったところを買ったところで、ツアーで忙しく実質、内情について感知し難かったニュー・オーダーも何となく経営に加わってしまい、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

必要のない巨額なリフォームの継続、音響システムやお酒などの仲間内での横流しなどで、ニュー・オーダーがツアーで稼いだお金が、湯水のように使われていき、

ドラック、傷害、発泡事件などが多発するようにもなってきて、経営も治安も誰にもコントロールができなくなってきて、1997年に閉鎖した伝説のクラブでもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モリッシー、ジョニー・マーのいたザ・スミスも、1983年には3回のギグ(ライブ)をしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イレイジャーもあった!
そうそう、マドンナの欧州初ライブ地でもあったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで、ハシエンダを解説したり、出演したアーチストなどを記したプレートが並んでます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの裏側の運河沿いは、結構、のどかな雰囲気で、そこら辺に座ってコーヒーなんか飲んでる人達も何人かいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、駅の反対側に見えるG-MEXへ、ちょっと通り抜けるのがちょっと怖かった寂れた感じの倉庫街を歩いて行ってみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハッピー・マンデーズ、オアシス、U2などもギグをしている収容人数が9、000人ほどの会場。

今ではトレードショーなどのイベント会場になってるそうです。
ザ・スミスは1986年、モリッシーは2006年にギグをしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その向いがブリッジウォーターホール。
BBCフィルハーモニックなどクラッシック系の公演が多いホールで、2006年にモリッシーのギグがありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Victoria Bridge Roundaboutや、Ann Coatesなどの辺りへも行こうかと思ってましたが、さすがに脚がかなり棒状になりつつあるように疲れてきたので、今回の旅ではギブアップしました。

 


大きな地図で見る




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 296 Articles

マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA