ジャーマンウィングス(デュッセルドルフ→マドリード)エコノミー搭乗記 2016年機内食



DSC06368

2015年12月4日(金)、成田からの11:00発全日空NH209でデュッセルドルフまで来て、デュッセルドルフでルフトハンザの子会社である格安航空会社(LCC)の16:40発ジャーマンウィングスEW1516に乗り継ぎ、マドリードまで向かいました。

DSC06363

出発ゲート付近は結構狭くて、シートも少なく、結構立って待ってる人も多かったかな。

DSC06376

ジャーマンウィングスと例のユーロウィングスは同じルフトハンザ航空傘下の子会社LCCなんだけど、この時点では別会社。でも、2016年中にユーロウィングスに統合完了予定なんだそう。

DSC06375

定刻より10分位遅れて搭乗開始。

DSC06380

このジャーマンウィングス機はエアバス320。
座席配列は3-3。
CAさんは3人だったと思います。

日本人っていうか、アジア人は私だけ。

デュッセルドルフからマドリードまでは約3時間強のフライト。
意外と長い。

DSC06381

LCCだけあって、機内前方の席はぎっしり埋まってましたが、私が座った後方は結構スカスカな感じで、私も成田からのANAさんに引き続き、またまた3席独占使用できましたー!

DSC06379

両隣はルフトハンザさん。

DSC06383

革張り(合皮?)シートで、横幅も普通以上で圧迫感などは全くなく、なかなか快適な座席。

DSC06384

LCCといっても欧米仕様のせいか(?)、シートピッチも157cm程の私には特に狭くは感じなかったですよー。

DSC06385

でも、現地の男性にはやっぱり狭いのかもね。

DSC06386

テーブルもシンプルなタイプ。
特に機内誌はなく、シートポケットにはセキュリティカード、機内販売案内、エチケットバッグのみ。

DSC06387

LCCなんで機内販売は全て有料なんですが、コードシェア便として乗った人には簡単なリフレッシュメントパックがもらえます。

DSC06389

袋の中には、ミネラルウォーター、サンドウィッチ、ミニチョコバーが入ってました。
その他に、ドリンクサービスも無料です。

DSC06390

まー、サンドイッチといっても、ハムだけが挟まってたもんだったけど((笑)、お腹空いてるとこんなもんでも凄ーく有り難くって、凄ーく美味しく感じてしまうマジックが働きますわな。

DSC06392 DSC06393

機内販売は軽食、ドリンクなどがほとんどだったような。

DSC06394 DSC06395 DSC06396  DSC06399

サンドイッチ食べて一服したら、窓際席に移動ー!
結構、下を飛んでたんで景色を眺められたり、ちょうど少し斜め下に並行して飛んでる飛行機を眺めてたりして面白かったな。

DSC06400

マドリード上空に入った時には、もう真っ暗。

DSC06402

19:40頃(15分遅れ位?)にマドリードのバラハス空港に到着ー!

マドリードはお初で、治安が凄い悪いって聞いてたんで、凄ーい気が張ってきてたせいか、さらに体はコチコチ、喉はカラカラ。

早くホテルでゆっくりしたいー!って感じ。




 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

kumaholic
About kumaholic 292 Articles
マッドチェスター音楽とアーセナルのファンで、イギリスへのライブとサッカー観戦旅行が趣味の東京のベテランOLです。好き勝手なスケジュールで、自分都合のホテルとエアーを利用するコスパの高い個人旅行を目指していま~す。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA